マットレスが交換できる脚付きベッド ボトムベッド

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

脚付きマットレスベッドはベッドフレームレスなのでコンパクトです。
そのため一人暮らしなどの狭いお部屋でも場所を取らないのでとても人気があります。

しかし利点(メリット)ばかりではありません。

脚付きマットレスベッドはマットレス自体がベッド本体になっているためマットレスの交換ができません。
マットレスがヘタったり、または汚れてきてもマットレスを交換することができません。
だからといって処分して新しい物に買い替えるのはもったいないですよね。

しかし脚付きベッドの中でも「ボトムベッド」の場合は違います!!

マットレスがヘタったり汚してしまったりした場合はマットレスだけを交換することができます。
そこで今日は「ボトムベッド」の特徴をご紹介します。

ボトムベッドについて

脚付きマットレスベッドの進化形

ボトムベッドの特長の一つはなんといってもマットレスを交換することができるところです。

脚付きマットレスベッドはマットレス自体がベッド本体になっていますが「ボトムベッド」の場合は「脚付きボトムベッド」なので、土台部分とマットレス部分を分離した「脚付きマットレスベッドの進化形」です。

マットレスを自由に交換できるところが特徴で、土台部分にマットレスを乗せると脚付きマットレスベッドのように使うことができます。

長年使える

脚付きマットレスベッドの場合は飲み物をこぼすなどで汚れてしまうと洗うことができないので、ベッド本体自体を処分して新しいものと交換する必要があります。
しかし「ボトムベッド」の場合はマットレスだけを交換することができるので便利です。

交換する際は折りたたみタイプや一枚タイプ、硬め、柔らかめなど好みのマットレスが選べます。
つまりボトムベッドは土台部分を交換する必要がないため長くお使いいただけるベッドになります。

お手持ちのマットレスが使える

ボトムベッドは「フレームのみ」と「マットレス付き」が選べるようになっています。
フレームのみをお選びになることで現在お持ちのマットレスをご使用になることができるので経済的です。

脚の長さ

脚の長さもメーカーによって異なります。
通常は8cm・12cm・22cmなどメーカーによって脚の長さの種類は異なります。

マットレス付きもある

ボトムベッドにはマットレス付きとフレームのみがあります。
マットレス付きの場合はポケットコイルマットレスとボンネルコイルマットレス他、種類があります。

ボンネルコイルマットレスの特徴

体を面で受け止め、適度な弾力性と耐久性があるのが特徴のボンネルコイルを使用。
部分的な沈み込みが少なく、寝返りが打ちやすいのも魅力です。

ポケットコイルマットレスの特徴

スプリングを一つ一つ袋に入れてあるので、身体を点で支えることができます。
寝姿勢を立った状態に近くし肩や腰などにかかる負担を抑え、安眠をサポートしてくれます。
寝返りを打っても振動が横に伝わりにくいのも特徴です。

 

組立て簡単

 

ボトムベッドも脚付きマットレスベッドと同様に土台部分に脚をくるくる回して付けるだけの簡単な組立てになっています。

女性一人でも数分で完了します。

また土台部分は1枚タイプと2枚(分割)タイプがあります。
2枚タイプはつなぎ目を合わせる必要があります。

 

収納可能

土台部分が厚さ約10cmほどの2枚タイプのボトムベッドがあります。
使わないときは脚を取って収納することができます。
2枚合わせてもたったの20cmと薄く、ちょっとした場所に収納できるの便利です。
急なお客様用ベッドとして確保することもできます。

 

豊富なサイズ

 

サイズはメーカーによって異なりますが
●セミシングル
●シングル
●セミダブル
●ダブル
●クイーン
●キング
●ワイドキング
など約7種類があります。

クイーンはセミシングル2台のお届になります。
キングはセミシングルとシングル各1台ずつのお届けになります。
ワイドキングはシングル2台のお届になります。

 

ボトムベッドの厚さと種類

ボトムベッド本体の厚さは薄型タイプと28cmほどの厚めなどがあります。

木製のボトムベッドもあります。

木製のボトムベッドは高級感があります。
中には500kgの重量に耐えられる丈夫な作りのボトムベッドもあります。
重い体重の方が2人で寝ても安心ですね。

>>>『ボトムベッド 』はこちら

 

まとめ

ボトムベッドの特徴

●土台部分とマットレス部分が分離している
●マットレスのみ交換することが可能
●土台部分に脚を取りつけるだけの簡単組立て
●一枚タイプと2枚タイプがある
●サイズはセミシングル、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング、ワイドキングの7タイプ

脚付きマットレスベッドはマットレス本体がベッドのため汚れたりヘタった場合はベッド本体を破棄し買い替える必要があります。
しかしボトムベッドは本体はそのままでマットレスだけを交換することができるので長く使えます。
フレームのみの販売もしているので今お使いのマットレスを使うこともできます。

脚付きマットレスベッドと同様フレームがないのでとてもコンパクトで狭いお部屋でも場所を取りません。
しかもマットレスが交換できるので長く使える経済的なベッドです。

 

ご紹介した商品は脚付きマットレスベッド専門店「NenNe」の商品です。