お部屋に合ったベッドカバー・布団カバーの選び方と活用法

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

ベッドをお使いの方はベッド下を収納スペースとして活用される方は多いと思います。
ベッド下の収納物が見えてしまい、おしゃれなお部屋の雰囲気が壊れてしまうこともあります。
そんな時はベッドカバーでベッド下を隠すことができます。

そこでこの記事ではお部屋に合ったベッドカバーの選び方と活用法をご紹介します。

お部屋に合ったカラーを選ぶ

ベッドカバーと布団カバーには色々な柄と色があります。
素材も色々ありますが、選ぶときは色と柄選びがとても大切です。

ベッドは家具の中でも大きい家具で、お部屋の雰囲気を変える家具ともいえますよね。
その影響は大きく、選んだ柄とカラーによってお部屋の雰囲気がガラリと変わります。

ではどんな色や柄のカバーがあるのか見てみましょう。

明るい柄

明るい柄にもタイプは色々あります。
画像上のように、花柄や空の柄など。

プリント柄には花柄が多く、薔薇や向日葵、桜など明るい花柄が多くあります。
布団カバーはお部屋の大部分のスペースを取るため、明るい柄を使用するとお部屋がパッと明るくなります。

空柄も同様に青を使った色が多いので、爽やかな雰囲気のあるお部屋になります。

●家具の色と合わせる
明るい色のカバーは、家具も明るい色を使っているお部屋におすすめです。
家具の色がホワイトやイエロー、ピンクやブルー、グリーン、そしてナチュラル系の色の家具にぴったりです。
逆にブラウンやブラック系のシックな家具をお使いのお部屋で使うとチグハグになってしまいます。

ダーク系の色

シックな印象のあるダーク系のカバーです。
ダークトーンの家具にピッタリの情熱のスカーレッドと光沢を感じる落ち着いた色のグリーン。
どちらもヨーロピアン風で北欧を感じるカラーです。
大人っぽい印象があり豪華な雰囲気を醸し出しています。

ブラウン系の家具、ブラック系の家具に合うカラーです。

ダーク系の色は他にもブラウン、グレー、ブルー、パープル、ブラックなどもあります。
ダーク系の色は暗い色ですが家具との合わせ方がピッタリ合うことでお部屋の印象が豪華になります。

カバーはお部屋のアクセントとして色や柄を選ぶことができます。
家具の色がブラウンとブラック系のみの場合はカバーを他の色にしてアクセントにすると素敵な印象になります。

かわいい柄

可愛い柄には風景、家、動物柄、キャラクター柄などがあります。
動物柄には牛、猫、熊ナドガアリ、キャラクター柄にはドラエもん、キティ、スヌーピー、ミッキーマウスなど色々あります。

可愛い柄は大人女子のお部屋では少々子供っぽい雰囲気になってしまいます。
ですのでお子様のお部屋におすすめです。

姫系のデザイン

姫系のデザインのカバーにはフリルやリボンがデザインされたものが多くあります。
特に姫系の布団カバーというと、フリルは定番といえますよね。

フリルがあることでお部屋がエレガントな印象になり、女性らしい雰囲気になります。

中にはフリルをふんだんにあしらったカバーもあります。
またリボンをデザインしたカバーは大人女子というよりは少女らしい雰囲気があります。

レースをあしらったカバーも多く、色はホワイト、ピンク、パープル、ブラウン、ブルー、オフホワイト、花柄などがあります。
特にオフホワイトは人気があります。
フリルがデザインされたカバーは姫系のベッドとも相性が良く、特にアイアンベッドとの相性がピッタリです。

姫系のおしゃれなアイアンベッドとフリルがデザインされたカバーはまさに姫系のお部屋にピッタリ。
姫系の布団カバーは姫系家具で揃えているお部屋、またシャビーシックなフレンチカントリー調家具で揃えたお部屋などにもおすすめです。
姫系のカバーはお部屋を明るくし甘い印象になります。

 

元気が出る色にしたい時

お部屋を元気が出る色にしたい場合に選ぶカバーはビタミンカラーがおすすめです。
お部屋の大部分を占めるカバーなので、元気が出る色を使用することで心がパッと明るくなります。

ビタミンカラー

ビタミンカラーにはオレンジ、グリーン、ピンク、ブルー、イエローなどがあります。
病気をしている方などにおすすめのカラーです。

私の病気は甲状腺の病「バセドウ氏病」で、甲状腺の病気にはオレンジが良いとされています。
また他の病気の方には暖色系の色が良いといわれています。

ビタミンカラーのような派手な色が苦手という方にはビタミンカラーを使った刺繍をちょっとあしらったカバーがおすすめです。

ビタミンカラーの良いところは元気が出て心がパっと明るくなるところです。
心が沈みがちになる方にもおすすめです。
色のパワーを借りましょう!

またビタミンカラーはお部屋の家具がダーク系でもホワイト系でもどちらにでも合います。

 

ベッド下を隠す

ベッドカバーや布団カバーはお布団を埃から守る役割があります。
しかしそれだけではなくベッド下を隠す役割もあります。

ベッドスカート

>>>『花柄ベッドスプレッドホワイト』はこちら

シーツにはベッドスカートと呼ばれるフリルが付いている物もあります。
布団カバーも同様にフリルでベッド下を隠すものもあります。

ベッド下を収納スペースとしている場合はベッド下が見えることでお部屋の雰囲気が壊れます。
そんなときはベッド下が隠れる布団カバーやベッドカバーがおすすめです。
隠しているという印象なくして隠すことができます。

 

通販で購入する際の盲点

通販で購入される場合は注意しておきたい点がいくつかあります。

商品説明分(スペック)を確認する

① 素材を確認する

通販の場合は手に取って確認することができません。
そのため素材がコットンに見えてもポリエステルだったりすることもあります。
欲しい素材かどうか商品説明をしっかり確認してから購入しましょう。

② 大きさを確認する

布団カバーにはサイズがあります。
シングル、セミダブル、ダブルなど。
ご自分が使っている布団のサイズに合うか商品説明文をよく読み確認しましょう。
サイズで気を付けたいことは「布団カバーが布団より10cm程長くてもいい」という方もいますが、そうなるとかなり余り、布団が寝ている最中に布団がカバーの中で動き寝心地も悪くなります。
必ずピッタリのサイズを選びましょう。
そうすることで使い心地がよくなります。

③ 色の違いがある

ネットに出ている色と実際の色が異なる場合があります。
ネット上では明るい色に見えたけど実際の色は暗かった、ということもあります。
その場合は返品ができるかどうかの確認をしてから購入されることが必要です。
しかしほとんどの場合が色の見た目だけの違いでは返品はできません。
ネットでは色の違いを考慮しご購入されることをおすすめします。

④ 手触り

ネット上での印象よりも実際は生地がペラペラ、ということもあります。
手触りもかなり安っぽい感じがしたり。
そこで目安の一つですが、安価なものは生地がペラペラの可能性があります。
お値段がそれなりにするものは生地もそれなりにしっかりしたものが多くなります。
ペラペラでも構わないという場合は別ですがペラペラの生地は使いたくないという方にはそれなりの価格のものをおすすめします。

⑤ 布団カバーの四隅

布団カバーはカバーの中に布団を入れる形になります。
その際に布団の四隅に紐で結べるタイプがおすすめです。
四隅が結べない布団カバーは使用中に布団がカバーの中で動いてしまい使いにくくなります。
四隅が布団に結べるカバーがおすすめです(この場合布団にも結べる箇所があることが前提です)

>>>『姫系おしゃれな布団カバー』はこちら

 

まとめ

お部屋に合ったベッドカバーの選び方と活用法

布団カバーまたはベッドカバーを選ぶ際はお部屋に合った色をお選びすることをおすすめします。
布団カバーはお部屋の中でも大部分を占める大きなサイズになります。
カバーの柄や色でお部屋の印象も大きく変わります。

お部屋の雰囲気に合ったカバーを選ぶことでおしゃれなベッドルームになるかチグハグなベッドルームになるかが決まるといっても過言ではありません。

ベッド下を収納スペースとしている場合はカバーで隠すこともできます。
ベッドスカートのようになっているカバーを使うことでベッド下を上手に隠すことができます。

通販で購入する際には商品スペックをしっかり確認してから購入しましょう。
サイズは布団とピッタリ合うサイズのものを使う。
色、素材などはネット上で見るのと実際の目で見るのとでは違うこともあります。
商品スペックを読んで確認した上で購入することで失敗しないお買い物ができます。
また口コミも役に立ちます。
他にはお問い合わせすることで販売元の方が疑問に答えてくれることもあります。
遠慮なく聞くことで安心したお買い物ができます。

>>>『姫系おしゃれな布団カバー』はこちら

 

ご紹介した商品は姫系家具専門店『プリアンティーク』の商品です。