狭い部屋でもベッドが置ける!一人暮らしのためのベッドルームコーディネート集

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

ワンルームなど、狭い部屋ではベッドが置けない・・・と諦めモードの方に。
今回は「狭い部屋でもベッドを諦めない」方向でお考えになってほしいと思い投稿します。

題して「狭い部屋でもベッドが置ける!一人暮らしのためのベッドルームコーディネート集」。
狭いお部屋におすすめのベッドの特徴と、ベッドルームコーディネートをご紹介します。

このページの目次

狭い部屋に置けるベッドの特徴
ショート丈
セミシングル
大容量収納ベッド

高さ調節ベッド

ショート丈

長さを取らない

狭いお部屋の場合はベッド丈が長いと、かなり場所を取られてしまいますよね。
ベッドを置くと足元部分に棚やタンスが置けない、などの問題が出てきます。

しかしベッドの足元に、また頭部分に棚が置けたら、家具の配置がスッキリして使いやすいレイアウトになる、ということもあります。

「あと10cm短かったら・・・」こんな風に思うこともあると思います。

通常丈は約205cm前後あり、6畳間の場合はベッドを置くと頭部分や足元には家具が置けません。
そこでおすすめなのがショート丈です。

ショート丈のサイズ

ショート丈といっても、長さはいくつかあります。
●180cm
●185cm
●190cm
など、長さはベッドによって異なります。

ヘッドレスベッドの場合は丈180cmと短いベッドがあります。
身長の低い女性などにおすすめのサイズです。

ヘッドボードがある場合は、全長190cmほどのベッドが多くあります。
棚が10cmとスリムですが、目覚ましやスマホを置く場所があるので便利ですよ。

柱と壁の間に

ヘッドレスのショート丈サイズの場合は、画像のような壁と柱の間に置くこともできます。
このようなデッドスペースに配置できることで、他のスペースを広く使うことができます。
とても便利ですよね。

ドアの横

こちらの場合も同じように、ドアの横に配置ができることで他のスペースを有効活用できます。
ベッドを部屋の横に置くか、縦に置くかで、部屋のレイアウトがかなり変わりますよね。

特に狭い部屋の場合はレイアウトが自由にならないこともしばしばです。
しかしショート丈サイズなら場所を最小限に抑えることができるので、レイアウトが楽しめます。

デッドスペースを活用する

ショート丈サイズの特徴は、デッドスペースが活用できるところです。
通常丈なら置けない場所に配置ができることで、他の家具の配置がスッキリします。
家具の配置がスッキリすることで、狭い部屋でも開放的に使うことができます。

 

セミシングル

セミシングル幅は、幅約85cm前後になります。
通常幅は95~100cmなので10cm前後コンパクトになります。

ベッドは家具の中でも一番場所を取るといっても過言ではないほど大きな家具です。
そのため狭い部屋にベッドを置くとなると、できるだけ場所を取らないサイズがいいですよね。

それがセミシングル幅です。
ベッド幅を最小限に抑えることで、お部屋に開放感が広がりますよ。

 

大容量収納ベッド

チェストベッド

大容量収納ベッドの一つに「チェストベッド」があります。
引き出しが4~5杯あり、衣類やリネン類、また深型引き出しがあるとバッグの収納もできます。

引き出し反対側も収納スペースとなり、長物や旅行鞄のような大きな物も収納できます。

跳ね上げ式ベッド

跳ね上げ式ベッドには縦開きと横開きがあります。
横にスペースのない配置は縦開き、縦にスペースのない配置は横開きが便利です。

引き出しのないベッドなのでベッド下すべてが収納スペースになっています。
そのため衣類を収納する場合は収納ケースが必要です。

ベッド高さがレギュラーとラージなどがあり、高さがあればあるだけ収納力がでます。
布団や季節の家電、旅行鞄、スノーボードなど、大きな物をたくさん収納できるのが特徴です。

収納スペースが足りない部屋に

狭いお部屋の場合は収納スペースも狭く、収納場所に困ることがありますよね。
部屋が狭いため収納場所を確保することもできず、荷物が散乱していく可能性もあります。

そこで収納ベッドが便利です。
夏場使わないブーツ、普段使わない旅行鞄、このような収納場所にピッタリです。
住んでいるうちに物は必ず増えていきます。
ですので、狭い部屋にベッドを置く場合は「大容量収納ベッド」は重宝しますよ。

 

高さ調節ベッド

高さが調節できる「高さ調節ベッド」は3段階ほどの調節ができます。
ベッド下を収納スペースとして使うことができます。

狭い部屋の場合は収納スペースも狭いことが多く、収納場所に困った時に活躍します。
物が増えたら高くして収納力を出して、断捨離して物が減ったら低くする、など調節できます。

圧迫感がない

チェストベッドや跳ね上げ式ベッドと違い、ベッド下が見えることで圧迫感が減らせます。
狭い部屋にベッドを置くだけで圧迫感が出るので、できるだけ圧迫感を減らしたい方におすすめです。

 

乙女っぽく

レイアウトがベッドを縦や横に配置したり、とショート丈ならではの自由レイアウト。
ショート丈サイズの場合は狭い部屋でも横向き、縦向きに置けるのが嬉しいですね。

フローリングの色とベッドの色が同系色なので、圧迫感が少なくなっていますよね。
デスクとテレビ台は姫系の乙女チックなデザインで、ホワイト系を使用しています。
そのホワイトに合わせてシャギーラグもオフホワイトで、カラーコーディネートができています。

センターテーブルにはガラスのテーブルを使用しているので、空間を感じます。
狭い部屋ならではの工夫を感じますね。

 

大人女子っぽく

ベッドの色に合わせて、ドレッサーとラグも統一しています。
統一することで、落ち着いた雰囲気ができ、大人っぽい印象になっています。

またホワイトは他の色とのカラーコーディネートがしやすい色なのがいいですよね。
ブラック&ブラウンのアンティーク調サイドテーブルとも相性がピッタリです。

壁がパープルなので、ベッドカバーにパープルを使ってアクセントを付けていますね。
原色を使ってないところも落ち着いた雰囲気になるポイントですね。

 

学生っぽく

学生っぽいコーディネートとして、チェック柄スカートとチェック柄ベッドカバーにしています。
その中にカントリー調デザインのデスク&チェアが明るい雰囲気を出しています。

狭い部屋ならではの大容量収納ベッドで、周りにタンスを置かずにスッキリ収納されてます。
引き出しには本を収納することもでき、狭い部屋にお住まいの学生さんにピッタリのベッドです。

全体的にはナチュラルベージュとホワイトの2色でカラーコーディネートしています。
ベッド、壁、カーテンがホワイトで、床、デスク、ラグがベージュ系です。

ローテーブルを置くなら、ベージュ系やホワイト系、またガラステーブルなら圧迫感がでません。
籐のソファを置くことで、賑やか感が出て元気のあるお部屋になりそうですね。
籐のソファでカントリー調の雰囲気をさらに引き出すことができますよ。

 

ナチュラルっぽく

狭い部屋ならではの配置、壁と柱の間にショート丈サイズのベッドを配置しています。
ベッドと同じ色合いのテーブルとナチュラル系のサイドテーブルで圧迫感がありません。

とてもコンパクトにまとめた素敵なお部屋です。
角にある柱の前のちょっとした空間に観葉植物を置いてあるところが爽やかです。

ちょっと大きな鉢植えを置くときに、このような空いたスペースに置くとおしゃれですね。
これ見よがしに置いてあるものより、デッドスペースを活用することで上品さを感じます。
隙間を上手に活用した、見習いたいコーディネートです。

 

まとめ

ベッドを置くなら他をコンパクトにまとめる

狭い部屋におすすめのベッドの特徴は
●ショート丈
●セミシングル
●大容量収納ベッド
●高さ調節ベッド
があります。

狭い部屋に大きなベッドを置くので、ある程度の場所が取られてしまいます。

そのため、ベッド下に収納できるベッドで衣類や小物の収納をして、他の家具をできるだけコンパクトにすることで、圧迫感を減らし開放的に使うことができます。

センターテーブルはガラステーブルを使うことでさらに圧迫感を減らすことができます。
色の統一も大切で、色々な色を使わずに1~2色で済ませると、狭い部屋でも圧迫感を減らせます。

 
狭い部屋におすすめのベッド特集はこちらです。
 
 

「フォロー」「いいね」をお願いします(。v_v。)