収納付きベッドのタイプと選び方

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

収納付きベッドを購入するとき、どのようなタイプがあるのか覚えておきたいですよね。

収納付きベッドと一言でいっても色々なタイプがあるので、どのタイプが使いたいタイプか、どのタイプが自分にとって使いやすいか、どのタイプが部屋に合っているのか、などを知っておくことで購入するときに悩まずにすみます。

そこでこの記事では収納付きベッドのタイプと選び方についてご紹介したいと思います。

このページの目次

跳ね上げタイプ

ベッド下すべて収納スペース

跳ね上げタイプはベッド床面を上げると、そこに収納スペースがあるベッドです。
ベッドの下部分がすべて収納スペースになっています。
シングルサイズならシングルの範囲、ダブルならダブルの範囲すべてが収納スペースとなります。

埃が入りにくい

ベッド床面が板仕様になっているものがほとんどなので埃が入りにくい構造になっています。
収納ベッドというと埃を気にされる方が多くいますが、跳ね上げタイプはその心配は無用です。

簡単に開閉できる

重たいように見えますが、軽い力で開閉できるので女性にも簡単に使用できます。
ただ掛け布団がある場合はズレしていまいます。

横からと縦から

開閉タイプには横から(画像上)と縦からの2タイプがあります。
お部屋の環境に合わせて、横から開けるタイプ、または縦から開けるタイプがいいのか別れます。

横から開けるタイプは奥のものが取りやすいという利点があります。
縦から開けるタイプは足元を上げるため、頭部分にある荷物が取りにくいという欠点があります。

高さはいろいろ

跳ね上げタイプのベッドの高さは高いベッドと低めのベッドがあります。
収納物でかさばるもの(旅行鞄など)がある場合は、ある程度高さのある跳ね上げ式がおすすめです。

 

チェストベッド

2段の引出し

チェストベッドはベッドの下に2段以上の引出しが付いた形態をいいます。
まるでベッド下にローチェストがあるような状態です。
深型の引出しがあるチェストベッド(画像上)のベッドや、深型の引出しがないベッドもあります。

反対側

引出しはベッド幅の半分程度になります。
また左右どちらにでも取り付けることができます。
残った半分に引出しはありませんが、荷物を収納するスペースがあります。
仕切りがなければラグなどの長物が収納できます。

床面タイプ

チェストベッドの床面タイプには、すのこ仕様のものと板タイプがあります。
板タイプのものはベッド下に湿気を通しません。
すのこ仕様は通気性が良い分、ベッド下に湿気を逃します。
すのこ仕様の場合はベッド下にある収納物に湿気が移らないよう対策が必要です。

 

収納ベッド

収納ベッドはベッド下に引出しが1段取り付けられたベッドをいいます。
違い引き出しが1段なので、ベッド高さも通常のベッドのように高くありません。

反対側

引出しはベッド幅の半分程度になります。
また左右どちらにでも取り付けることができます。
残った半分に引出しはありませんが、荷物を収納するスペースがあります。
仕切りがなければラグなどの長物が収納できます。

 

大容量タイプ

布団の収納も可能

大容量収納タイプには引出しがサイドと足元の2箇所に取り付けられたベッドがあります。
足元にある引出しは、「深型・幅広」なので布団が収納できるほどの大きさです。
冬に使っていたかさばる布団、夏場は収納場所に困る・・・こんなときに便利です。

ダウンコート

冬の衣類というとかさばる服が多いですよね。
オーバー、コート、ダウンコートなど。
このようなかさばる衣類にも深型幅広の引出しがあると便利です。

旅行鞄の収納も可能

引出しがない部分には旅行鞄のような大きなものも収納できます。
普段使わないバッグ、クッション、冬靴、夏靴のような収納にも便利です。

 

BOX構造

チェストベッドには「ボックス構造」というものがあります。
引き出し部分が四角く囲まれているため、引き出しに埃が入りにくい構造になっています。
また床面が板仕様になっているので、引出し内部を湿気からも守ります。

 

コンセント付き

収納付きベッドのヘッドボードには「コンセント付き」と「コンセントなし」があります。
また一口コンセントと二口コンセントとメーカーによってコンセントの数が違います。

気を付けたいこと

収納付きベッドのすべてがコンセント付きとは限りません。
スマホの充電、ランプ、などを同時に使う場合は二口コンセントが必要です。
ベッドの機能性(スペック)をよく読んで検討する必要があります。

 

部屋の広さ

 

部屋の広さによってどのような収納付きベッドがいいのかの判断がつきます。

狭い部屋

狭い部屋の場合はショート丈サイズがおすすめです。
ショート丈サイズのベッドは「チェストベッド」に多くあります。

ベッド丈が180cmとなると、今まで置けなかったスペースにベッドを収めることができます。
しかも引出し付きの収納ができるとなると一石二鳥ですよね。

広い部屋

収納家具が置けるほどの広いお部屋の場合は、収納ベッドでも十分収納が足りるでしょう。

 

収納の広さ

 

お部屋によってはクローゼット、または押入れのない部屋があります。
そのように収納スペースがほとんどないお部屋にはチェストベッド、大容量収納ベッドは重宝します。

 

荷物の量

 

収納物が多い場合は、収納がたっぷりできる収納付きベッドがおすすめです。
収納物の量、収納物の種類に応じて適したベッド選びが必要です。

衣類が多い場合

衣類が多い場合はチェストベッドが適してます。
引出しが2段2杯以上あり、メーカーによっては深型タイプの引出しがありダウンコートが収納できます。

衣類が少ない場合

衣類が少ない場合は引出しが1段の収納ベッドだけでも事足りる可能性があります。
季節の洋服を収納することで使い勝手がよくなります。

かさばる物が多い場合

衣類やリネン類ではなく、カバン、ラグ、電気ストーブ、布団、クッション、座布団など、かさばる物が多い場合は跳ね上げタイプがおすすめです。
跳ね上げタイプは仕切りがなく、ベッド下収納を自由に使えるのでおすすめです。

 

使い勝手

 

収納ベッド、チェストベッド、跳ね上げタイプ、大容量タイプ、ボックス構造、コンセント付きとありますが、どのタイプが自分にとって使い勝手が良いのか、使う目的に応じて購入される必要がでてきます。

二口コンセント

二口コンセントはスマホの充電、ランプ又はラジオなど二つ同時に使えるところが便利です。

ボックス構造

埃が入りにくいことと組立てが簡単なことから最近は人気が高くなっています。
掃除の手間も省けるので使い勝手が良いといえるでしょう。

 

まとめ

収納付きベッドのタイプと選び方

収納付きベッドにはタイプがあります。
●跳ね上げタイプ
●チェストベッド
●収納ベッド
●大容量収納タイプ
お部屋の環境や荷物の量によってベッドを選びましょう。

収納付きベッドの選び方においては、収納する荷物の量、お部屋の環境、収納スペースの環境に応じて選びましょう。

 

カントリー調ベッド「Green Leaves」。