収納がないお部屋におすすめの収納できるベッド6タイプ

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

一人暮らしなどの狭いお部屋や一人部屋は収納スペースが小さく荷物が収納し切れないことありますよね。
また収納スペースさえもないお部屋もありますよね。
収納家具を置くとさらに狭くなり、空間がなくリラックスできないお部屋になってしまいます。

こんなときどうしてますか?

そこで今回おすすめするのは収納できるベッドです。
ベッド下を収納スペースとして活用することで家具が減り、空間のあるお部屋作りができます。

この記事ではベッド下に収納スペースができるベッドタイプ6つをご紹介します。
収納スペースがなくてお悩みの方は是非参考にしてくださいね。

このページの目次

アイアンベッド

アイアンベッドの特徴

アイアンベッド(パイプベッドまたはスチールベッドともいわれています)は木製と違い軽く、おしゃれなデザインが多くあります。
組立ても簡単で女性一人でも組立てられるものも多くあります。

>>>『アイアンベッド』はこちら

見せる収納スペース

アイアンベッドの下は丸見えです。
ベッドスカートで目隠しをしている場合は見えませんが、隠してない場合は丸見えになります。
ですのでおしゃれな収納ケースを置くことで見せる収納スペースにできます。

 

スーツケースの収納にも

収納ケースだけではなくスーツケースを収納することもできます。

収納ケースをクローゼットに置くことで場所を取られて他の荷物が収納できないこともあります。
スーツケースは普段使わないだけにずっと場所を取られるのは腑に落ちませんよね。

そこでスーツケースをベッド下に置くことでその問題も解決します。

スーツケース以外にも季節外で着ない衣類をしまうとクローゼットを有効に使えます。
コートやダウンジャケットなどは夏は必要ありません。
ベッド下はそのような収納にも便利です。

 

こんな環境におすすめ

あともう少しだけ収納スペースがほしい、というときにはちょうど良いスペースです。
収納ケースを用意することで衣類やリネン類の収納がたっぷりできます。
またスーツケースや季節外で使わない布団を収納する場所としても便利です。
ベッド下の収納を見られたくない場合はベッドスカートをご使用になると目隠しになります。

>>>『アイアンベッド』はこちら

 

ロフトベッド

ウォークインクローゼットのように

ロフトベッドはベッド下がちょっとしたウォークインクローゼットのようなスペースになっています。
またデスクを置いたりソファを置いたりなどワークスペースとしても活用できます。

高さのあるベッド下すべてが収納スペースとなるので、ロングコートを掛ける場所としても便利です。
また収納ケースを何段にも重ねることもできるので衣類がたっぷり収納できます。
スーツケースの収納にも、扇風機やストーブなどの電化製品の収納だってできちゃいます!!

高さはロータイプ、ミドルタイプ、ハイタイプと3タイプがあります。

 

天井の高さを考慮する

ハイタイプの場合は天井の高さを考慮することが必要です。
アパートの天井は低い部屋が多く圧迫感が出てしまいます。
また体を起こす際には天井が低いと不自由を感じてしまうこともあります。

 

こんなお部屋におすすめ

●ローゼットが小さくロングコートが掛けられない
●衣類がほとんど収納できない
●布団をしまう場所がない
など、お部屋にあるクローゼットでは収納し切れないほど荷物がある方におすすめなのがハイタイプのロフトベッドです。

これだけの収納スペースがあると、かなりの荷物が収まります。

>>>『ロフトベッド』はこちら

 

収納ベッド

収納ベッドの特徴

収納ベッドはベッド下に引出しが1段付いているベッドです。
衣類の収納に便利です。

>>>『収納ベッド』はこちら

衣類とリネン類の収納に

収納ベッドは引出しが1段2杯以上あり、左右どちらにでも取り付けることができます。
引出しのない反対側には空きスペースがあるので、収納ケースを置くことができます。
衣類の収納のみならずリネンや小物の収納に便利です。

 

こんなときにおすすめ

普段使うインナーや衣類をすぐ出せる場所がほしい、というときに便利です。
季節外で使わない衣類はクローゼットの中に、普段使う衣類はすぐ取り出せるベッド下に、と分けて収納することができるので便利ですよ。

>>>『収納ベッド』はこちら

 

チェストベッド

チェストベッドの特徴

チェストベッドはベッド下に引き出しが2段以上あるベッドです。
まるでベッドの下にチェストが合体したかと思うほどの収納力のあるベッドです。

>>>『チェストベッド』はこちら

驚くほどの収納力

チェストベッドは引出しが2段以上あるので衣類がたっぷり収納できます。
また引出しは左右どちらでも取り付けが可能です。

 

引出しの数とタイプ

チェストベッドは引出しの数が多く4杯~5杯あるベッドがほとんどです。
ベッドの種類によっては深型の引出しもあり、かさばるバッグなどの収納に便利です。

引出しのタイプもベッドによって様々です。
フットボードに大きな引出しが付いたベッドもあり、布団などの大きな物の収納に便利です。

 

引出し反対側

引出しの反対側は空間になっているのでスーツケースのような大きな物、また使わないラグなどの長物も収納できます。
夏場に使用しないお布団や電気ストーブなどの収納にも便利です。

 

こんなときにおすすめ

チェストベッドは引出しの数も多く高さもあるので、衣類やリネン類をチェストのようにたっぷり収納したいというときにおすすめのベッドです。

特に引出し反対側にもかなりの収納スペースができるため、ベッド下はちょっとしたクローゼット代わりになります。

ロフトベッドのように高いベッドは苦手、でも収納力のあるベッドがほしいという方にもおすすめです。
狭いお部屋でクローゼットが小さいお部屋にはかなり重宝するベッドですよ。

>>>『チェストベッド』はこちら

 

高さ調節できるベッド

高さ調節できるベッドの特徴

高さが調節できるベッドは収納物が多くなるにつれてベッドの高さを高くすることができます。
メーカーによっては3段階調節~5段階調節まであります。

>>>『高さ調節可能ベッド』はこちら

驚くほどの収納力

収納ケースのサイズを大中小と組合わせることでたっぷり収納できるのが高さ調節ができるベッドの特徴です。
収納物が少ないときは低く、増えたときには高く、また減ったときには低くといつでも気軽に調節できます。

高さのあるベッドが苦手な方には不向きですが高さがあっても平気な方には、かなりの収納力があり、たっぷりできるので便利です。
高さは調節できるのでご自分の好みの高さに合わせて調節できます。

 

使いやすさを自分好みに

ベッド下全体が収納スペースとなるので手前には衣類を収納するケースを、奥には季節外で使わない電気ストーブなど、使う頻度に合わせて使いやすい場所に収納することができます。
普段使う掃除機や普段使わないスーツケースの収納にも便利です。

 

収納物の量によって高さを調節

暮らしているうちに物は増えていくものですよね。
そんなとき高さを調節して収納スペースを変えることがこの高さ調節可能ベッドの利点です。

 

こんな方におすすめ

収納ベッドやチェストベッドは引出しがついているので決まった場所に収納することになります。
しかし、収納物が減った場合にはベッド下に空間がほしい、または高さを低くしたいなど。
また好きな場所に自由に収納したい、という方におすすめのベッドです。

>>>『高さ調節可能ベッド』はこちら

 

脚付きマットレスベッド

脚付きマットレスベッドの特徴

脚付きマットレスベッドはベッドのフレームがありません。
マットレス付きのベッドに脚を取り付けるだけの簡単組立式のベッドです。
フレームがない分ベッド丈が短く狭いお部屋でも置きたい場所に置けるという特徴があります。

 

選べる脚の長さ

>>>『脚付きマットレスベッド』はこちら

驚くほどの収納力

脚付きマットレスベッドは脚の長さが選べるベッドです。
メーカーによって脚の長さは3タイプもあれば5タイプまであります。
タイプが多いほど収納力が選べて便利です。

脚の長さが40cmの脚付きマットレスベッドはベッド下がちょっとしたクローゼット代わりになります。
また脚の長さによって収納力が変わるので、荷物の量によって脚の長さを選べるところが特徴です。

 

こんな環境におすすめ

脚付きマットレスベッドはベッドフレームがないので大変コンパクトなサイズのベッドです。
ベッド丈は180cm~あります。
通常のベッド丈は210cm前後なので30cmほど丈が短くなるベッドもあります。

「お部屋が狭いから場所を取るベッドをできるだけコンパクトにしたい」
「でもベッド下に収納もしたい」

そんな環境には脚付きマットレスベッドのショート丈サイズで脚に長さ30~40cmがおすすめです。

>>>『脚付きマットレスベッド』はこちら

 

湿気対策

床面で変わる湿気対策

ベッドの床面によっては寝汗などの湿気をベッド下に逃すことがあります。
●メッシュタイプのベッド床面
●ウッドスプリング
●すのこベッド
などはベッド下に湿気を逃します。

 

収納ケースの使い分け

その場合はベッド下に置く収納ケースは湿気を吸わないプラスティックケースがおすすめです。
衣類ケースに湿気がいくことでカビの原因となるので注意が必要です。

ベッド床面が木製の場合はベッド下に湿気を逃さないので紙製の衣類ケースをご使用になってもカビの原因になりにくく安心です。

 

引出し付きベッド

収納ベッドやチェストベッドはすでに引出しがあるので床面のタイプによって対策が異なります。
ベッド床面が板の場合は引出しへの湿気の心配も少ないですがベッド床面がすのこのような通気性の良い床面の場合は除湿シートを敷くなどの対策が必要となります。

 

掃除

キャスター付き収納ケース

ベッド下に収納ケースや収納物をたくさん置くことでベッド下の掃除が大変だとお考えるになると思います。
その場合はキャスター付き収納ケースもあるので選択肢に入れると良いでしょう。
キャスター付きの場合はサッと取り出せるので掃除が簡単にできます。

 

ボックス構造

収納ベッドやチェストベッドには埃が入りにくいタイプの「ボックス構造」があります。
このようなベッドは掃除をマメにすることがないので楽になります。

 

まとめ

収納できるベッド6タイプ

収納できるベッドのタイプには
①アイアンベッド
②ロフトベッド
③収納ベッド
④チェストベッド
⑤高さが調節できるベッド
⑥脚付きマットレスベッド
とベッド下に収納できるベッドのタイプは色々あります。

ベッドは場所を取る家具なので、その大きさを利用してベッド下に収納スペースを作ることで、狭いお部屋でも収納家具を置かずして衣類などの整理整頓ができてお部屋がスッキリ片付きます。

このスペースを有効活用して上手に収納することで、収納のない狭いお部屋でも空間を残して開放感あるお部屋作りができます。

 

ご紹介した商品は通販ショップ『プリアンティークグループ』の商品です。