一人暮らしの方必見!目的別で決める一人暮らしのベッドの選び方

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです

最近は日本人にも「ベッド派」の方が多くなり、ベッドの種類も豊富になってきましたよね。
私もその中の一人です。

ベッドは布団を上げる必要がないので手間が省けることと、布団の収納場所も必要ありません。
助かりますね!!

しかし種類が豊富になったからこそ、いざ一人暮らしを始めようとするときに、どんなベッドを買ったらいいのか悩んでしまうこともあると思います。

そこでこの記事では「目的別」でのベッドの選び方をご紹介したいと思います。

収納スペースがほしい時

 

一人暮らしにありがちの一つに「十分な収納スペースがない」ことがあげられます。
クローゼットがなかったり、あっても収納力がなかったり。

生活していくと、荷物は次第に増えていきますよね。
でも収納スペースが小さいと入り切らなくなり、お部屋が散らかりがちになってしまいます。

荷物を収納するためのチェストを購入すると、ただでさえ狭い部屋がさらに狭くなってしまう。

そこでおすすめなのが「収納付きベッド」です。
そこでここでは「収納付きベッド」の種類をご紹介いたします。

チェストベッド

チェストベッドはベッド下に引き出しが2段になっているベッドで、ベッド下にまるでローチェストがあるかのような見た目になっています。

引き出しのタイプはベッドによって異なり、浅型の引き出しのみのベッド、また上の画像のように深型の引き出しが付いたベッドもあります。

深型の引き出しがあると、バッグなどのかさばる物の収納ができるので便利ですよ。

引き出し反対側にも収納スペースがあり、旅行鞄、季節の家電、季節外で使用しない衣類や靴などの普段使わない荷物の収納に便利です。

ベッド高さがある分収納力が出るので、たっぷり収納したい方におすすめのベッドタイプです。

収納ベッド

収納ベッドはベッド下に引き出しが一段2~3杯付いたベッドです。
引き出しが一段なのでベッド床面まで高さはありません。

そのため引き出し反対側にも収納スペースがありますが、高さがないので旅行鞄や季節の家電など、大きな荷物の収納はできません。

引き出しにレールが付いている場合は、コミック本など重たい物も収納もできます。
引き出しの数が少ないので、あともう少し収納スペースがほしい、というときにおすすめです。

跳ね上げ式ベッド

跳ね上げ式ベッドはベッド下が仕切りのない、まるまる収納スペースとなったベッドです。
引き出しもないので、衣類を収納する場合は収納ケースが必要となります。

その反面引き出しも仕切りもないので、大きな荷物の収納がたっぷりできところがメリットです。

またメーカーによってはベッドの高さに「グランド」と「ラージ」の2タイプがあります。
高さがある分だけ収納力も増えるので、たっぷり収納したい場合は「グランド」がおすすめです。

ベッド床面は自動車のトランクでも使用しているガス圧式仕様になっているので女性でも簡単に開閉できます。
しかもマットレスを乗せたまま開閉できるので、マットレスを除ける手間がいりません。

引き出し付きベッドの場合は、引き出しを引き出すスペースが必要となりますが、跳ね上げ式ベッドの場合は床面を上に持ち上げるので、ベッド下の物を取るときに余計なスペースを必要としません。

またセミダブル、ダブルサイズとサイズが大きくなるとその分だけ収納スペースが増えるところも、跳ね上げ式ベッドのメリットの一つです(引き出し付きベッドはベッドサイズが大きくなっても、引き出しの収納部分の大きさは変わらないのが一般的です)。

跳ね上げ式ベッドには「縦開き」と「横開き」があります。

部屋のレイアウトによってベッド横に余裕がない場合は「縦開き」、ベッド上下に余裕がない場合は「横開き」がおすすめです。

横開きには「右開き」と「左開き」があるので、お部屋の環境に合わせて選べます。

高さ調節ベッド

高さ調節ベッドはメーカーによって異なりますが、3段階~5段階に高さが変えられます。
ただ、ベッド下の収納スペースが見えてしまうところがデメリットとなります。

収納物が少ないときはベッドを低く、増えたときは高くすることができます。
次第に増えた荷物をもっと収納したい場合は、ベッドを高くするなど調節ができます。

引き出し付き、跳ね上げ式と違い、ベッド下に埃が入るのでマメな掃除が必要となります。

 

引っ越しが多い人

 

一人暮らしの独身、または単身赴任ともなると引っ越しが多いことも常ですよね。
長くても5年くらい、早ければ1~2年で引っ越しを繰り返す、ということもあります。

引っ越しの度に荷物をまとめることになりますが、ベッドはどうしていますか?

最近では「組立簡単」というベッドもありますが、引っ越しの際にドアから出すことできますか?
出すことが出来なければ解体するしかありません。

これは面倒ですよね。

そこでここでは引っ越しの際にも簡単に解体ができたり、簡単に移動できるベッドをご紹介します。

脚付きベッド

脚付きマットレスベッドはマットレスがベッド本体になったベッドです。
そのため組立ては付属の脚をクルクルと回して本体に取り付けるだけです。

ヘッドレスなので狭いお部屋でも余計な場所を取りません。
また搬入搬出時も脚を取り付けたままできるので、分解、解体の必要がありません。

ソファを置く余裕のない狭いお部屋の場合は、脚付きマットレスベッドの分割タイプを選ぶことで、来客が来たときにはベッドを分割して、自分用と来客用のソファ代わりにすることができます。

ソファを置くスペースのない狭いお部屋にはおすすめのベッドですよ。

アイアンベッド

アイアンベッドはスチール製またはパイプベッドともいわれています。
パイプベッドは軽量な上に組立ても簡単で、分解も簡単です。

私が以前使っていたパイプベッドは組立ても簡単な上に、折りたたみタイプでした。
そのため引っ越しの際は床面を取り外して折りたたむだけで運ぶことができました。

折りたたみタイプのパイプベッドは、軽量なので女性でも簡単に運ぶことが出来ます。
重たいのはどちらかというとベッド床板の方です(もちろん女性でも運べる重さですけどね)。

 

狭い部屋

 

狭い部屋ではできるだけベッドで場所を取りたくありませんよね。
そこでおすすめなのはコンパクトサイズのベッドです。

ここではコンパクトサイズの種類をご紹介します。

ショート丈ベッド

ショート丈サイズのベッドは通常丈サイズよりも20cm前後短くなっています。
そのため今までは配置できなかったドアの横、壁と柱の間など、デッドスペースに収まります。

ベッドが置きたい場所に収まることで他の家具の配置もスンナリ決まったり、狭い部屋でも空間ができたりして、部屋の使い勝手が良くなりますよ。

狭いお部屋の場合はできるだけベッドで場所を取りたくない、という場合におすすめのサイズです。

セミシングルサイズ

セミシングルサイズはシングルサイズより15cm~20cmほど狭くなっています。

画像上のように柱の陰にすっぽり入ると収まりがいいのですが、シングルサイズの場合は柱よりはみ出てしまいます。

見た目が良くないですよね。

セミシングルサイズにすると15cm前後の余裕ができるので、お部屋をそれだけ広く使うことができます。
特別体系の大きい方でない限りは、セミシングルでも十分快適な睡眠が期待できます。

狭い部屋を少しでも広く使いたい、というときにセミシングルサイズはピッタリのサイズですよ。

ロフトベッド

ロフトベッドにはロータイプ、ミドルタイプ、ハイタイプの3タイプがあります。
高さがある分だけ収納力ができます。

狭い部屋にベッド、ソファ、デスク、椅子、本棚など、すべてを置くことができませんよね。
でもすべてが必要というときもあります。

そんなときに役立つのがロフトベッドです。

ベッドの下にソファを置いてリラックススペースとして、デスクを置いて勉強部屋に、衣類を掛けてクローゼットとして、など活用方法はいろいろあります。

ただロフトベッドの場合は高さが必要となるので、天井の低いアパートの場合は快適に使えるかどうか、天井の高さとベッドの高さを考える必要があります。

ロフトベッドは幅を取るのではなく、高さを利用するので狭いお部屋におすすめのベッドです。

 

寝るときだけベッドを広げたい

 

部屋が狭いためベッドを使いたいけど置く場所がない・・・しかし、どうしてもベッドで寝たい。そんなこともありますよね。

こんなときにおすすめなのは寝るときだけ広げるタイプのベッドです。
ここでは寝るときだけ広げられるベッドをご紹介します。

折りたたみベッド

一人暮らしの狭いお部屋にベッドを置くのは場所を取り、他の家具が置けなくなります。
でも寝るときだけベッドを出す、となるとベッドが使える可能性もありますよね。

折りたたみベッドなら昼間は壁側に移動、寝るときはセンターテーブルを除けてベッドを広げて寝る、ということが可能になります。

しかも折りたたみベッドの場合はキャスター付きなので移動も簡単です。
折りたたむときは布団を乗せてたまま折りたたむこともできて、そのまま布団干しもできます。

布団を乗せたまま折りたたむことができるので、布団を収納する場所を必要としません。
これなら一人暮らしの狭いお部屋でも助かりますよね。

最近は折りたたみベッドの中にもマットレスのクッション性が良いものがたくさんあります。
寝心地を重視したい方でもおすすめできるベッドです。

ソファーベッド

ソファベッドは昼間はソファ、寝るときだけベッドにスタイルを変えることができます。
テーブルの前に置いてあるソファが、夜はテーブルを除けてベッドに早変わり。

寝心地を気にしない方には、十分のベッドといえます。

このようなベッドは寝るためだけに部屋に帰ってくる忙しい方におすすめのスタイルです。
ゆったりたっぷり寝たい、寝て疲れを取りたい、という方向けではありません。

 

数年で使い捨てたいとき

 

ベッドといっても一生物のベッドもあれば、使い捨てのような簡易的ベッドもあります。
現在は一人暮らしだけど、近い将来は結婚を視野に入れている、という方には使い捨て感覚で使えるベッドはいかがでしょうか。

実際のところ捨てる必要もありませんが、そのくらい負担無く購入できるベッドがおすすめです。

こちらのベッドは骨組みがさほど強くありません。
どちらかというと簡易ベッドになるので、毎日使うには寝心地を気にされる方もいるでしょう。

マットレスはふかふかした状態なのでちょっと寛ぐ程度での睡眠におすすめです。
マットレスは本体と別なので、ベッドを気にせずゆっくり寝たいときには外すといいですよ。

壊れさえしなければ使わなくなったときは折りたたんで収納することもできるので便利です。
折りたたむとかなり薄くなるので収納に場所を取りません。

折りたたむと薄くなる、これが簡易ベッドのメリットですね。
突然の来客にも対応できますよ。

 

ムードのある部屋にしたい場合

 

寝室にムードを出したい、というときにおすすめのベッドは「照明付きベッド」です。
真っ暗な部屋にほんのりと灯される照明は心がほっとする瞬間でもありますほね。

そこでここでは「照明付きベッド」の種類をご紹介します。

中央に照明一つ

中央に一つだけ照明のあるベッドは部屋を明るく照らしませんが、ヘッドボーッド当たりをほんのり照らして、ベッド上のムードを盛り上げます。

両サイドに一つずつ

両サイドに一つずつ、合計二つの照明付きベッドがあります。
暗いお部屋をある程度照らすことと、本を読むときにも多少の灯りがあります。

スマホを楽しみしながら過ごす夜には、ちょうど良い明るさかもしれませんね。
部屋が明る過ぎると眠くても寝付けない、という状況になるので照明付きはおすすめです。

やさしい両サイドからの照明

同じように両サイドからの照明が照らされていますが、デザインが異なります。
枕元を照らすやさしい照明ですね。

お部屋を暗くするとッドボード当たりが明るく感じるのでムードも満点ですね。

 

ベッドの上で過ごす時間の多い方

 

狭い部屋ゆへにベッドの上で過ごす時間が長くなる、という環境の方もいますよね。
ベッドの上で本を読んだり、スマホを楽しんだり、ベッドをソファ代わりにしたり、など。

そんなときにおすすめのベッドはフラップ扉付きヘッドボードのベッドです。

フラップ扉付き

フラット扉を開けるとミニトレーには早変わりします。
また扉内には他人には見せた無くない貴重品の収納もできます。

お気に入りのお茶を飲みながら、ベッドでティータイムを楽しみながら寛ぐ。
コンセントもあるのでスマホやパソコンも楽しめる。

そんな活用方ができるのがフラップ扉付きベッドです。

 

まとめ

自分に合ったベッドの活用法を知る

ベッドの活用法にはいろいろあります。
■収納スペースがほしい時
■引っ越しが多い方
■狭い部屋
■寝るときだけベッドを広げたい
■数年で使い捨てたいとき
■ムードのある部屋にしたい場合
■ベッドの上で過ごす時間が多い方

などです。

一人暮らしをする際は部屋の広さや収納スペースにに限りがあったり、引っ越しが多くベッドの搬入搬出が度々あったり、部屋が狭く寝るときだけベッドにしたい、間接照明を購入せずにベッドルームにムードを出したい、ベッドの上で、長時間リラックスしたい、など

ベッドの活用法、目的は人によって異なります。

だからこそベッドをどのように活用したいか目的を考えて、ベッドの種類を知っておきましょう。

「フォロー」「いいね」をお願いします(。v_v。)