チェストベッドの埃が気になる方にはBOX構造がおすすめ

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

チェストベッドとはベッドの下に2段以上の引出しが付いているベッドです。
まるでベッドの下にチェストが合体しているかのような形で収納力があります。

お部屋のクローゼットが狭く衣類や雑貨などの収納が入り切らない場合に大変重宝するベッドです。
しかしそんなチェストベッドにも良いことばかりではなくデメリットもあります。

それは埃が入りやすく掃除が大変だということです。

そのデメリットを解決するBOX構造のチェストベッドが最近人気になっています。
この記事ではそのBOX構造の仕組みとチェストベッドの一例をご紹介します。

このページの目次

BOX構造のチェストベッド
BOX構造とは
ファーミー
グレイスノートル

BOX構造とは

通常のチェストベッドの構造

チェストベッドすべてがBOX(ボックス)構造とは限りません。
そこでボックス構造以外の構造をご説明します。

 

写真のように通常のチェストベッドは引出しの後ろ部分がむき出しの状態です。
そのため引出しの反対側には空間があり、その空間から埃が引出しに侵入してしまいます。

これでは引出しに収納している衣類に埃が侵入する隙間ができてしまいます。
そのため引出しの中をマメに掃除する必要があります。

 

ベッド床面がすのこの場合

 

すのこベッドの場合は湿気だけではなく埃も引出し内に落としてしまいます。
すのこの場合は隙間が多い造りになっているのでマットレスから埃が落ちやすくなっています。

ボックス構造の場合は床面がすのこ仕様ではないので埃が引出しに落ちることがありません。
すのこ仕様は引出し内に埃が入りやすい構造であることを考慮しておく必要があります。

 

ボックス構造

板で覆われている

ボックス構造は引出しの後ろ部分が板で覆われているので、引出しを含め全体的に四角いボックスのような形になっているのでボックス構造といいます。
引出しの後ろが板で覆われているので後ろからの埃の侵入を防ぎ掃除の手間が省けます。

このように引き出しの後ろが板で覆われている形がボックス構造です。

 

ボックス構造の特徴

床面、つまり引出しの上部分も板になっているのでベッドマットレスからの埃を防ぎます。
ボックス構造は引出しの上部分と後ろ部分が板で囲まれている構造です。

また湿気を吸わないので引出し内に収納している収納物を湿気から守ります。
100%湿気がないわけではありませんが、寝ているときに出る汗などの湿気は引出し内には逃しません。

床面が板なので通気性に優れていないため、時々マットレスを上げて湿気対策をしましょう。

 

ファーミー

>>>『ファーミー』はこちら

ファーミーにはほのかな証明がヘッドボード左右にあり夜中に目が覚めても灯りがあり安心です。
また引出しがあるので小物の収納に便利です。

二口コンセント付きなのでスマホなどの充電にも便利です。
使い勝手の良いベッドです。

 

グレイスノートル

>>>『グレイスノートル』はこちら

グレイスノートルは180cmショート丈サイズと大変コンパクトサイズです。
ワンルームなどの狭いお部屋でベッドに場所を取りたくない環境にピッタリです。

フレンチカントリー調のシャビーシックなベッドで気分はフランス♪
とてもおしゃれで素敵なベッドです。
コンパクトでもフランスの薫りをお部屋にお届けします♡

 

まとめ

チェストベッドの埃が気になる方にはBOX構造がおすすめ

●ボックス構造はマットレスから出る埃が入りません
●引出し内の衣類を埃から守ります
●ボックス型なので引出しの後ろ側も板で覆われていて空間から埃が入りにくくなっています
●掃除の手間がありません
●湿気を逃さないのでときどきマットレスを干すことをおすすめします

 

ご紹介した商品はカントリー調ベッド専門店「Green Leaves」の商品です。