一人暮らしにあると便利な家具:大容量収納ベッド

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

一人暮らしのお部屋では十分な納スペースのないお部屋が多いですよね。
一人分の荷物はコンパクトな印象がありお部屋の広さも収納スペースもコンパクトな作りがほどんどです。

しかし、たとえ一人分でも暮らしているうちに物は増えていきます。

最初はお部屋の収納スペースに合わせて最小限の荷物にしていても、暮らしていくうちに次第に増えていく荷物でお部屋の収納スペースでは足りなくなります。

増えた物を仕舞うための収納ケースを置くとなると収納ケースを置くスペースを確保する必要があります。
そうなると一人暮らしのお部屋はさらに狭くなりますよね。

そこで本日おすすめするのは大容量収納できるベッドです。

普段寝るだけに使っているベッドがたっぷり収納できる場所になると、物が増えてもお部屋が狭くなることもありませんよね!!

跳ね上げタイプ

 

取り出し開閉が簡単な跳ね上げタイプの大容量収納ベッド。
ベッド下が丸ごと収納スペースになるのでかさばる荷物の収納もできます。

>>>『フランスベッド大容量収納ベッド』はこちら

寝具を乗せたまま開閉

跳ね上げタイプの収納ベッドはベッド下に収納している物が簡単に取り出せる仕組みになっています。
寝具を乗せたままでも軽い力で簡単に開閉できるので女性にも簡単に取り出しができます。
またご高齢の方にも力を入れずして開閉ができます。
これなら取り出したい荷物を簡単に取り出せるので普段使う物も収納できますね。

 

800リットルの収納力

収納力は大容量800リットルの荷物を収納できます。
ベッド下すべてが仕切なしの収納スペースなので小物から長物まで収納が可能です。
模様替えで使わないラグや普段使わない旅行鞄、またクッションなど大きな物の収納にも便利です。

他には季節外で使わない毛布や布団などの収納にも便利ですよ。
もちろん衣類やリネン類の収納もできます。
滅多に読まない本、読み終わった本や雑誌、書類、参考書の収納にも重宝しますよ。

ベッドの高さは30cm、37cm、44cmと、高さ違いで販売しているメーカーもあります。
高さが高くなるほど深さが出るのでそれなりに収納力がでてきます。

 

埃が入りにくい

収納ベッドで引出しタイプのベッドなどは引き出しに埃が入る心配があります。
埃が入ることで収納している衣類などが汚れる心配もあり、マメに掃除する必要が出てきます。
マメに掃除となると手間がかかり面倒な作業でもあります。

しかしこの跳ね上げタイプは上下左右すべてが囲まれているボックス構造になっているので埃が入る心配がほとんどありません。
埃が入るのは開閉時だけになります。

 

湿気の心配がない

跳ね上げタイプはベッドの床面が木製になっているので寝ているときに発生する汗などの湿気をベッド下に逃すことがありません。
そのため収納ベッドで心配される収納物へのカビの原因もないので安心です。
ただボックス構造は風通しが良いわけではないので、収納物に元々ある湿気なども逃さない為、ときどき湿気対策として風を通すために床面を上げたり、湿気取りなどを入れておくことで湿気対策ができます。

 

横開きと縦開き

跳ね上げタイプには横開きタイプと縦開きタイプがあります。
どちらを選ぶかはお部屋の配置や使い方で決めると良いでしょう。

 

横開き

ベッドの配置がヘッドボード(ベッドの頭部分)とフットボード(ベッドの足元部分)にスペースの余裕がない場合は横開きがおすすめです。
横開きの場合は奥にある物も幅100cm前後(シングルサイズの場合は)と取りやすくなっています。

 

縦開き

ベッドの横(サイド)にスペースがない場合は縦開きがおすすめです。
ただし縦開きの場合は縦に長いため、頭部分に置いた収納物が取り出しにくいという欠点があります。
収納する際は頭部分に滅多に使わないもの、足元部分にときどき取り出す物を置くと使いやすくなります。

 

普段使わない物の収納に

跳ね上げ式タイプの収納ベッドは普段使う衣類の収納よりも、普段使わない、または季節外で使わない荷物の収納に適しています。

スーツケースや季節外の布団、電気ストーブや季節外の衣類、雑誌など。
ベッド下が仕切りのない収納空間となっているのでかさばる物の収納に便利です。

 

チェストベッド

 

チェストベッドはベッド下に2段以上引出しがありチェストとベッドが合体したような形をしています。

>>>『チェストベッド グレイスノートル』はこちら

衣類の収納に便利

大容量収納できるベッドにはチェストベッドもあります。
チェストベッドはベッド下に2段以上の引出しがあり、まるでベッド下にチェストがあるようなベッドです。

引出しがあるので衣類の収納に便利です。
普段使う衣類を収納することでいつでも衣類が取り出せるという利点があります。
また深さのある引出しが付いているチェストベッドの場合はかさばる荷物の収納ができて便利です。

引出しは左右どちらにでも取り付け可能なので、ベッドの配置場所に合わせて取り付けることができます。

 

引き出しの反対側にも収納可能

チェストベッドは引出しの反対側も有効活用できるようになっています。
ベッドによっては仕切りのあるベッドもありますが、仕切のないベッドの場合は長物が収納できます。

仕切があることで大きな荷物や長さのある物、例えば旅行鞄などが収納できない場合もあります。
しかし仕切がないベッドの場合は長さを気にせず色々収納できるので便利です。

 

埃の入りにくいボックス構造

チェストベッドにはボックス構造のものとボックス構造ではないものがあります。
ボックス構造の場合は上下左右すべてが板で囲まれているので埃が入りにくく収納物が汚れるのを防ぎます。

そのため面倒な掃除もほとんどなくとても使いやすい構造になっています。
ボックス構造は引出し部分が完成品なので連結させるだけで簡単に組立てできるところが特長です。
チェストベッドをお選びの際はボックス構造がおすすめです。

引出しの反対側の収納物を取る場合は座面の板を外す必要があるのでちょっと面倒かもしれません。
そのため反対側の収納スペースにはできるだけ取り出す回数の少ない荷物の収納向きといえます。

 

湿気

チェストベッドの場合はベッド床面がすのこタイプではなく板の床面がおすすめです。
すのこの場合は通気性が良い分、湿気をベッド下に逃すため収納物のカビの原因となる可能性があります。

ボックス構造の場合は床面が板になっているので湿気を通さずカビの心配が少なくて済みますね。

それでも100%湿気が通らないとはいえないため、除湿シートなどの湿気対策をされることをおすすめします。
日本は湿気の多い国なので湿気対策は大切です。

 

高さのあるベッド

>>>『4段階調節可能すのこベッド』はこちら

脚が長いとベッド下に収納力がでる

脚の長いベッドはベッド下に空間が多くできます。
その分多く収納できるので便利です。

 

収納ケースはプラスティックがおすすめ

ベッド床面がすのこの場合は通気性が良いのでベッド下に湿気を逃します。
そのためベッド下に収納ケースを置かれる場合は湿気を吸わないプラスティック製がおすすめです。

 

脚付きマットレスベッド

ベッド下に収納できるベッドには他に脚付きマットレスベッドもあります。

>>>『脚付きマットレスベッド』はこちら

脚の長さが選べる

脚付きマットレスベッドはベッド本体に脚を付けるだけで簡単に組立てられるところが特徴です。
また脚の長さが選べるところも特徴です。

長いもので40cmほどの脚があるのでその分ベッド下に収納力がでます。
ご自分の用途に合わせて脚の長さが選べるので便利です。

高さが選べる4段階調節ベッドと違い組立ても簡単なのが嬉しいですね。
他にはセットになったボックスシーツの色が豊富にありお部屋に合わせたカラーを選べるのも特徴です。

 

目隠し方法

脚の長いベッドの場合はベッド下の収納物が丸見えです。
収納物が見えてしまうとお部屋の雰囲気にも影響しますので、見えてしまうことが苦手な方はベッドスカートなどをして目隠しすると収納物が見えなくなります。

 

まとめ

一人暮らしにあると便利な家具:大容量収納ベッド

大容量収納ベッドには以下があります。
・跳ね上げ式タイプのベッド
・チェストベッド
・高さのあるベッド

跳ね上げ式タイプ

跳ね上げ式タイプは横開きと縦開きがあるのでベッドの配置と環境によって決めましょう。
ベッドサイドに物がある場合は縦開き、頭部分と脚部分にスペースの余裕がない場合は横開きがおすすめです。
ボックス構造になっているので埃が入りにくくお掃除の手間も省けます。
縦開きの場合は頭部分の収納物が取りにくい場所にあるので滅多に取り出さない収納物を頭部分に置き、ときどき取り出す物を足元部分に収納すると使いやすくなります。

チェストベッド

チェストベッドには衣類などの収納に便利です。
引き出しは左右どちらにでも取り付けることができるのでベッド配置や環境によって選べます。
引出し反対側にも空間があり、仕切のないチェストベッドの場合は長物の収納が可能です。
また埃が入りにくいボックス構造の場合はお掃除の手間が省けます。
湿気から収納物のカビを防ぐためにもボックス構造がおすすめです。

高さのあるベッド

脚の長いベッドの場合はその分ベッド下に収納スペースができるので便利です。
高さのあるベッドの種類として4段階調節ができるベッドと脚の長さが選べる脚付きマットレスベッドなどがあります。

ただしベッド下の収納物が丸見えなのでお部屋の雰囲気を壊すこともあり、それを防ぐためにはベッドスカートで目隠しして見えないようにすると良いでしょう。

収納ベッドのおすすめ理由

一人暮らしでも暮らしている間にどんどん物は増えていきます。
その時の対策として大容量収納できるベッドにしておくことで、将来的に物が増えた時の収納場所として確保しておくと便利ですよ。

 

ご紹介した商品は『プリアンティークグループ』の商品です。