フレンチカントリー家具で作るおしゃれな部屋作り:リーリウム

こんにちは。
フレンチカントリー調家具通販店「アラモード」店長のアマミです。

今回はフレンチカントリー家具通販店の中からシリーズ家具「リーリウム」を使ったおしゃれな部屋作りをご紹介します。

>>>リーリウムの商品を見たい方はこちら

フレンチカントリー調の家具はやさしい雰囲気があり、日本でも馴染みやすい家具です。
今回ご紹介する「リーリウム」もやさしい雰囲気のあるデザインになっています。

種類は食器棚、オープンシェルフ、ダイニングテーブル、チェア、デスク、リビングテーブル、キャビネット、テレビ台、ドレッサー、と生活する上で必要なある程度の家具はほぼ揃っています。

では「リーリウム」をシリーズで揃えることで、どのようなおしゃれな部屋になるのか見てみましょう。

「リーリウム」の特徴

バイカラー(ツートンカラー)

使われている色はブラウンとホワイトの2色です。
天板と扉部分にはブラウン、他の部分はすべてホワイトを使っています。
他の家具と合わせやすいあたたかみのあるバイカラーです。
ナチュラルテイストの色合いなのでお部屋にほどよく馴染みます。

月桂樹のレリーフ

リーリウムシリーズには幕板部分に月桂樹のレリーフ(浮彫)が施されています。
このレリーフは幕板のみにデザインされているので甘過ぎない印象になっています。
また幕板には波のようなカーブがデザインされているのでやさしい印象になっています。
チェアとドレッサーにはレリーフは施されていません。

アンティーク風の取っ手

引き出しの取っ手には黒色を用いてアンティーク風の雰囲気を出しています。
あたたかみのあるバイカラーのアクセント色になっています。

ろくろ脚

脚はろくろ脚(ターンドレッグ)デザインになっています。
脚の所々にロクロで回した丸みのある彫りがデザインが施されています。
ストレートの脚と違い少々華奢な印象があり、上質な雰囲気をかもし出しています。

 

食器棚

大容量収納スリム型食器棚

>>>『リーリウム食器棚』はこちら

サイズ:(約)幅55×奥行き40×高さ160cm

幅55cmとスリム型の食器棚は一人暮らしなどのお部屋でも場所を取らないサイズです。
しかもたっぷり収納できる大容量タイプ。
下の扉内は棚が2段あります(板一枚)。
天板と扉部分にブラウンを使い、他の部分にはホワイトを使ったメリハリのある色合いです。

引き出しにもたっぷり収納

引き出しを開けるとご覧の通り、仕切りを付けることでたっぷり収納できます。
カトラリー、ふきん、ランチョンマットなどの収納に便利です。

 

オープンシェルフ

棚がたくさん!スリム型オープンシェルフ

>>>『リーリウムオープンシェルフ』はこちら

サイズ:(約)幅55×奥行き40×高さ160cm

食器棚と同じサイズのオープンシェルフです。
食器棚と違うところは、扉がないことと、下の扉部分は棚が3段あることです(板2枚)。

使い方が色々アレンジできる

使い方は食器棚と違い、収納の仕方をアレンジできるところです。
●バスケットを使って小物を収納
●洋服を収納する
●リネン類を収納する
●本棚として活用する
●食器類を収納する
●小物を飾ってディスプレイする

オープンシェルフいろんな収納の仕方ができるので、一人暮らしのお部屋には重宝しますよ。

 

ダイニングテーブル

長くてスリムなろくろ脚

 

>>>『リーリウムダイニングテーブル』はこちら

サイズ:(約)幅135×奥行き80×高さ72cm

幅135cmのダイニングテーブルは4人用になります。
天板の角は面取りをしているので、お子様のいらっしゃるご家庭でも安心して使えます。
高さがある分、ろくろ脚デザインが一層目立って素敵ですね。

 

チェア

棚つきチェア

>>>『リーリウムチェア』はこちら

サイズ:(約)幅40×奥行き50×高さ80cm

リーリウムの椅子はおしゃれなデザインのチャーチチェアになっています。

チャーチチェアとは

教会で広く使われている椅子で、背もたれの後ろ部分に棚があり、後ろの席の方がその棚に聖書を置くことができるように作った椅子なので「チャーチチェア」と呼ばれています。

本やスマホの収納に

自宅では雑誌を置いたり、新聞を置いたりなど、愛読書を置くのに便利です。
食事中にスマホ禁止のお宅では、手元に置きたい、でも置けない、そんなときには便利ですね。
座面下には棚があるので、バッグや小物を入れたバスケットなどを置くことができます。

 

ダイニングルームのお部屋イメージ

 

ダイニングルームで使う家具をご紹介してきました。
ここでリーリウムで統一したダイニングルームのイメージを見てみましょう。

やさしい空間

落ち着いた雰囲気のあるダイニングルームですね。
フレンチシャビーのやさしいデザインは、お部屋もやさしい空間にします。

コーディネート

ダイニングテーブルの後ろに見える羽目板調の壁とリーリウムのデザインがピッタリです。
ブラウンのフローリングとも相性が良く、お部屋にとても馴染んでいます。

テーブルに置かれた食器と食器棚に置かれている食器のほとんどが白い食器を使っています。
白い食器は色々なデザインの家具と相性が良く、またおしゃれな雰囲気を出してくれますね。
観葉植物との相性も良いリーリウムは、ボタニカルなお部屋にしたい方にもおすすめの家具です。

リーリウムで統一したことで、ダイニングルーム全体にフレンチカントリーの雰囲気がよく出ています。

 

デスク

コンパクトサイズ

>>>『リーリウムデスク』はこちら

サイズ:(約)幅80×奥行き38×高さ75cm

幅80cm掛ける奥行38cmのコンパクトサイズのデスクはなので一人暮らしのお部屋にもおすすめです。
足元にある棚は小物の収納に便利です。

 

リビングテーブル

ろくろ脚が魅力的に見える長さ

>>>『リーリウムリビングテーブル』はこちら

サイズ:(約)幅90×奥行き45×高さ40cm

引き出し付きのローテーブルは小物が収納できるので大変便利です。
リビングテーブルでお食事をされる方は、引き出しにカトラリーを収納すると便利ですよ。
脚を伸ばして座れるデザインなのでリラックスした姿勢で使えます。
ソファと一緒に使っても使いやすい高さ40cmです。

ろくろ脚の長さは短くも長くもなく、ろくろ脚を魅力的に見せるのに丁度良い長さです。

 

キャビネット

ガラスキャビネット引き出し付き

>>>『リーリウムキャビネット』はこちら

サイズ:(約)幅55×奥行き35×高さ83cm

コンパクトサイズのキャビネットなので一人暮らしの方にもおすすめのサイズです。
食器棚として、本棚として、ディスプレイキャビネットとしても活用できます。

 

テレビ台

幅120cm

>>>『リーリウム幅120cmテレビ台』はこちら

サイズ:(約)幅120×奥行き38×高さ47cm
引き出しが左右に2杯ずつ、合計4杯あります。

幅90cm

>>>『リーリウム幅90cmテレビ台』はこちら

サイズ:(約)幅90×奥行き38×高さ47cm
幅90cmのテレビ台は片方のみに引き出し2杯2段あります。

 

リビングルームのお部屋のイメージ

 

リビングルームで使う家具をご紹介してきました。
ここでリーリウムで統一したリビングルームのイメージを見てみましょう。

淡い色と合う

コンパクトにまとまった、とてもバランスの良いお部屋です。
リビングテーブルの下に敷かれた白いシャギーラグがやわらかい雰囲気を出しています。

ソファには淡いパープル系の色を使っています。
リーリウムのようなフレンチシャビーの家具とコーディネートされる場合は淡い色がおすすめです。
色々な色を使っていないため色のバランスがとても良いスッキリしたリビングになっています。

ポイントで色使い

濃い色を使う場合はクッションなどの小物で使うことで、色のバランスが取れます。
おしゃれな部屋作りには色のバランスがとても重要です。
濃い色をいろいろ使いすぎるとリーリウムの良さが目立たなくなってしまいます。
濃い色はポイント使いのみにすることで、色のバランスが取れたおしゃれなお部屋になります。

ちょっぴりボタニカル

リビングテーブルを置かずして、デスクを使ったお部屋のイメージです。
ラグの上に無造作に置かれたクッションが、色使いのポイントになりおしゃれですね。

テレビ台とキャビネットの天板に置かれた観葉植物がボタニカルな雰囲気を出しています。
天板の上にはかわいい小物をディスプレイしているところもおしゃれのポイントです。

ベッドルーム

リビングテーブルとキャビネットが置かれたベッドルームです。
リビングルームとは違い、テーブルの下に敷かれた丸い茶色のラグが落ち着いた雰囲気を出しています。
ローテーブルですが、ソファと使ってもちょうど良い高さですね。

 

ドレッサー

引き出し付きドレッサー

>>>『リーリウムドレッサー』はこちら

 

サイズ:ドレッサー (約)幅52×奥行き40×高さ135cm

引き出しが3杯あるのでお化粧品類がたっぷり収納できます。
引き出しの上段の取っ手は同じ色でも形が違う、丸いボタンのような形をしています。
ちょっとした心遣いのデザイン性がおしゃれですね。
ミラーは外すことができるので、デスクとしても使えます。

スツール (約)幅35×奥行き35×高さ47cm

スツールがセットになっているので色とデザインに統一性があります。
座面クッションはこんもりした丸みのあるやさしいデザインになっています。

 

コーディネート

ベッドカバーには淡い色を使っています。

フレンチカントリー家具はやさしいデザインなので淡く薄い色との相性がとても良く、色のコーディネートにはやさしい色がおすすめです。

濃い色を使うときは小物などでポイントとして使いましょう。

 

まとめ

フレンチカントリー家具で作るおしゃれな部屋作り「リーリウム」

>>>『リーリウム』はこちら

リーリウムの種類

フレンチカントリー調家具「リーリウム」には
●食器棚
●オープンチェルフ
●ダイニングテーブル
●チャーチチェア
●デスク
●コーヒーテーブル
●キャビネット
●テレビ台幅120cmと90cm
●ドレッサー
があります。
ダイニングテーブルはテーブル単品とテーブル&チェアセットの2タイプがあります。

リーリウムの特徴

●白を基調としたフレンチカントリー調のカラー。
●幕板にはやわらかいカーブと月桂樹の葉のレリーフ(浮彫)が施されています。
●引出しの取っ手にはアンティーク風の黒の取っ手でアクセントになっています。
●脚はろくろ脚(ターンドレック)でやさしい印象。
●フレンチシャビーで心がほっと休める瞬間を演出します。

リーリウムでおしゃれなお部屋に

リーリウムシリーズで揃えるとフレンチカントリー調のおしゃれな部屋作りが簡単にできます。
ブラウンとホワイトのバイカラーがお部屋にやさしい印象を与えます。
他の家具の合わせるときは、薄い色や淡い色でコーディネートすると色のバランスが取れます。
濃い色を使うときはできるだけ小物などでポイント使いにするとおしゃれな空間ができます。

 

>>>『リーリウムシリーズこちら

 

ご紹介した商品はフレンチカントリー家具通販店「アラモード」の商品です。