簡単にできる大人女子に人気の姫系の部屋の作り方:ベッドルーム編

こんにちは。
おしゃれな家具通販店「プリアンティーク」店長のアマミです。

今回は「姫系の部屋の作り方」から「姫系のベッドルーム」の作り方をご紹介します。

ベッドルームに必要なのは何といっても「ベッド」ですよね。
しかし必要なのはベッドだけではありません。

そこでベッドのご紹介と一緒にベッドルームのコーディネートも含めてご紹介していきます。

浮彫のデザイン

ヘッドボード

姫系ベッドといわれている中にはヘッドボードに浮彫がデザインされたものが多くあります。
ヘッドボードはベッドの中でも一番目立つ箇所なので、浮彫があると目を惹きますね。

浮彫には種類があり、画像上のように浮彫を思いっきり目立たせたリボンレリーフのような形がデザインされたもの、また彫刻の彫りをさり気なく自然にデザインされたものなど様々です。

フットボード

フットボードにも浮彫がデザインされたものが多くあります。
しかし浮彫がデザインされていないもの、またフットボード自体がないベッドもあります。

こちらの画像はフットボードの上部分(トップ)に浮彫がデザインされたベッドです。
フットボードの浮彫は細部にまでこだわったデザインで、大変高級感があります。

こちらの画像はフットボード下部分に浮彫がデザインされています。
おしゃれなデザインに対するこだわりを感じます。

こちらの画像はフットボード全体に浮彫がデザインされています。
波のようなカーブが施された大変エレガントなデザインに仕上げています。

浮彫のあるベッドはアンティーク風

浮彫が施されたベッドはアンティーク風の印象があります。
そのためベッド周りに置く家具もアンティーク風にすることで姫系のベッドルームが作れます。

 

ボタン締め加工

高級感あるボタン締め加工

ボタン締め加工は西洋風の家具に多く見られるデザインです。
モダンなデザインで高級感があります。

ヘッドボード全体にボタン締め加工が施されたベッドです。
ヘッドボードにボリューム感と高級感があり、クラシカルな雰囲気があります。
特に画像のようなハイバックベッドはボタン締め加工の魅力を引き出します。
エレガントシックなブラックは一層高級感がありますね。

洋風の家具と合わせて

クラシカルな雰囲気のあるボタン締め加工のベッドには洋風の家具がピッタリです。
洋風といってもカジュアルな家具ではなく、同様にクラシカルなデザインがおすすめです。
ガーリーなホワイトは甘い印象のベッドルームを作りたいときにもおすすめの色です。

 

猫足ベッド

やさしい雰囲気のある猫足

猫足家具は姫系家具の中でも人気の高い脚です。
湾曲になったやわらかい印象のある形は、女性のボディラインを彷彿させます。

湾曲のカーブになった脚は猫の後ろ足のような形をしています。
つま先もぽっこりと丸いデザインで猫のつま先のような形をしたかわいいデザインです。
女性らしいやわらかいラインで、お部屋の印象をやさしくします。

 

ろくろ脚ベッド

エレガントでクラシカル

ろくろ脚とはロクロで回して丸みのあるデザインを施していた形をしています。
ヨーロピアン調のクラシカルなデザインがとてもエレガントです。

ベッドによってろくろ脚の長さは異なります。
ストレートの脚と違いアクセントがついたデザインで、とてもおしゃれな形です。

スラリとした印象

脚の長さには短いものもありますが、ある程度の長さがあるとスラリとした印象があります。
同じくろくろ脚の家具と合わせることで統一感のあるおしゃれなベッドルームになります。

 

おしゃれなアイアンベッド

曲線のデザイン

アイアンベッドは木製にはできないデザインがあります。
それはアイアン独特の曲線です。

ヘッドボードとフットボードにアイアン独特のつるが伸びたような曲線がデザインされています。
曲線のデザインが多く施されたベッドと、ポイント使いでデザインされたものがあります。

支柱にもこだわったデザイン

アイアンベッドの場合は支柱に飾りキャップを施したデザインが多くあります。
切りっぱなしではないところが姫系のおしゃれなベッドのポイントです。

どんな家具とも相性が良い

アイアンベッドの周りに置く家具は木製でも、またアイアンでもどちらでも合います。
アイアンベッドはいろんな家具との相性が良いのでコーディネートも簡単です。

 

アンティーク調のベッドルーム

貴賓あるヨーロッパの邸宅のよう

アンティーク調家具で統一されたベッドルームは、まるでヨーロッパの邸宅のようですね。
ベッド周りに置かれた家具はすべて同じシリーズの家具で統一されています。

家具はすべて猫足で、浮彫が施されたデザインの家具です。
壁と床、この2つは日本ではなかなかないデザインです。

ネストテーブル

ベッドサイドにサイドテーブルとして置かれている「ネストテーブル」。
大中小と段差のある大きさなので、重ねて使っても、並べて使っても、活用パターンは色々です。
アンティーク調の浮彫がお部屋をおしゃれな空間にします。

コーディネート

アンティーク調の雰囲気を出すために、小物では明るい色よりダーク系の色を使っています。
●ラグは濃い目のブラン
●ベッドカバーはブラック
●クッションにもブラック
●オーナメントには濃い目の赤(ワインレッドなど)
●ランプと花瓶には錆びた感じの鉄製風
アンティーク調ベッドには家具もアンティーク調、小物はアンティーク調の色で統一するとお部屋の雰囲気もアンティーク風になり、統一性のあるおしゃれなベッドルームが作れます。

 

フレンチシャビーのベッドルーム

シリーズで揃えたフレンチシャビー

シリーズで統一したシャビーシックテイストのベッドルームです。
浮彫が家具すべてに施されていて、爽やかなでおしゃれな空間になっています。

チェスト

かすれた感じのシャビーシックテイストのチェスト。
ベッド横にサイドチェストとして、同シリーズなので統一感が出ています。

ドレッサー

鏡は大きな三面鏡で猫足のおしゃれなデザインのドレッサー。
ミラートップにはベッドと同じくリボンレリーフの浮彫がデザインされています。

コーディネート

フレンチシャビーの家具の色は全体的に淡い色が多く使われています。
そのため周りに置く家具も色の薄い、また淡い色で統一することで色のバランスが取れます。

濃い目の色はクッションやベッドカバー、小物などを使ってお部屋にアクセントを付けています。
お部屋に大きな観葉植物が置いてあり、ナチュラル感を上手に引き出した演出になっています。
フレンチシャビーの家具は観葉植物などの緑と相性が良く、ボタニカルな印象が上手く出せます。

床の印象もシャビーシックで、ベッドルーム全体の色のバランスが素晴らしいですね。
普通にある白いカーテンさえもおしゃれに感じます。

 

ヨーロピアン風のベッドルーム

白い家具で統一

とてもエレガントな家具で統一されたおしゃれな姫系ベッドルーム。
ろくろ脚のベッドと、ろくろ脚のローテーブルは同じシリーズです。

家具は全体的に白で統一されています。
床はブラウンのフローリングで日本にも多く使われているタイプです。

カーテンとラグの色使い

カーテンはロールカーテンで、アンティーク調の雰囲気のある落ち着いた柄です。
ラグにはカーテンより少し薄いグレー系、ベッドカバーとコーディネートされた色です。
ベッドの両サイド、そしてドレッサーと、ランプを多く置かれている所がポイントですね。

これなら日本の賃貸でも同じようなベッドルームができそうですね。

 

シンプルな姫系ベッドルーム

やさしいシンプル感

テレビ台と、チェスト、テーブルをシリーズで統一したベッドルームです。
フローリングと同系色のラグを使って床をさりげなく飾っています。
無造作に置かれたクッションもおしゃれのポイントですね。

テレビ台

短めのころんとしたろくろ脚(ターンドレッグ)がかわいいデザインです。
コンパクトサイズなので一人暮らしの方にもおすすめです。

チェスト

チェストも同様にころんとした短いろくろ脚です。
ボタンのような形をした金色の取っ手が白一色のチェストのアクセントになっています。

リビングテーブル

引き出しのついたリビングテーブルは収納ができて便利です。
スラリと伸びたろくろ脚が素敵なデザインです。

コーディネート

布団カバーにパープル(紫)を使用していますが、家具は白一色なのでカーテンと同色の色にするとスッキリした印象になります。

原色や濃い色を使っていないので、ベッドルーム全体がシンプルな印象になっています。
ベッドカバーの色とチェストに飾られた紫のお花がさり気なくコーディネートされています。

壁には鳥が飾られた個性もありますが、全体的にはあまり飾り過ぎてないところがポイントです。
日本のお部屋でも簡単に真似できるおしゃれな姫系ベッドルームですね。

 

ブロカントなベッドルーム

ボタニカルなベッドルーム

おしゃれなアイアンベッドとブロカントの家具を使ったベッドルームです。
ホワイトウォッシュの床に爽やかな印象のブロカント家具がピッタリですね。

ブロカントのテレビ台

フレンチシャビーの中でも独特な印象のあるブロカントは「美しいガラクタ」が語源です。
ベッドヘッドボードの色と合ったやさしいバイカラーのテレビ台。

ビタミンカラーの小物

小物には鮮やかな赤、黄色、緑など、ビタミンカラーを使った明るいお部屋になっています。
家具には色がほどんど使われていないため、小物で使う色が引き立っています。
ボタニカルな印象も上手に出したおしゃれなベッドルームです。

 

シャビーシックなベッドルーム

やさしい色合いのベッドルーム

先にご紹介した画像と同じベッドを使ったベッドルームです。
こちらはビタミンカラーはほとんど使わずに家具も小物も薄い色で統一しています。
そのためやさしい雰囲気がお部屋全体に広がっています。
周りに使う家具の色、小物の色で、同じベッドを使っていてもかなり印象が変わりますね。

やさしい色合いのチェア

椅子の色も濃い色ではなく薄く淡い色を使って、部屋全体の色のバランスを取っています。
床と木製の家具がとてもシャビーシックで、ベッドルーム全体もシャビーシックな印象です。

 

南フランスの世界

コンパクトなベッドルーム

シリーズ家具で統一したベッドルーム「ラ・メール」。
アイアンベッドに曲線はデザインされていませんがとても爽やかでおしゃれなベッドです。

デスク

スラリと伸びたろくろ脚(ターンドレッグ)がとても印象的なデザインです。
色はホワイトウォッシュで、清潔感ある色合いです。

ドレッサー

ドレッサーもホワイトウォッシュと爽やかな色合い。
メイク用品もたっぷり入るコンパクトサイズです。

コーディネート

ドレッサーとデスクが木製でベッドがアイアン製、素材は違いますが色は白で統一されています。
ホワイトウォッシュの家具は木製のフローリングと相性が良く素敵です。
ピンクやブルーの小物でお部屋にアクセントを付けています。
コンパクトな家具で統一された広々とした空間のあるベッドルームになっています。

 

アンティーク調アイアンシリーズ

アイアンシリーズで統一

ドキっとするほど魅了されるアンティークゴールドのシリーズ家具「セレスティア」。
白とアンティークゴールドの2色で統一された、魅惑的なベッドルームです。
姫系ベッドの憧れ、天蓋を使ったベッドがプリンセス気分を高めてくれます。

壁の色合いと床の色合いは日本ではあまり使用されていない素材です。
日本の部屋でセレスティアを使う場合は、画像と雰囲気が変わってしまうでしょう。

 

木製家具を合わせた天蓋付きベッド

夢みる、おとめ。

天蓋付きベッドを使った姫系のベッドルーム。
床は日本でもお馴染みのブラウン系のフローリングです。

インテリア

ベッド周りにある家具は、猫足ドレッサーと猫足ガラスキャビネットです。
白いシャギーラグがお部屋の雰囲気をやさしくしています。
カーテンはブラウンなので、閉めたときには落ち着きのある印象になります。

色は小物も家具も全体的に白を基調としたお部屋です。
これなら日本のお部屋でも真似できそうですね。

 

 

まとめ

大人女子に人気の姫系の部屋の作り方:ベッドルーム編

姫系のベッドルームにはおしゃれなベッドがおすすめです。
●浮彫のあるデザインベッド
●高級感あるボタン締め加工が施されたベッド
●猫足ベッド
●ろくろ脚ベッド
●おしゃれなアイアンベッド
などがあります。

コーディネート

おしゃれな部屋のコーディネートのポイントは統一感を出すことです。
●家具のデザインを統一する
●家具の色を統一する(できるだけ同色を使う)
●色でアクセントを付ける場合は小物で色を使ってポイント使いにする

>>>『姫系 ベッド』はこちら

 

ご紹介した商品はおしゃれな家具通販店『プリアンティーク』の商品です。