一人暮らしやワンルームにおすすめのチェストの使い方

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

一人暮らしやワンルームなど狭いお部屋では家具をたくさん置くスペースがありません。
但し、最低でもベッド(または布団)、テーブル、テレビを置くスペースが必要ですよね。
その他、衣類を収納するチェストも必要になります。

そこで今回はチェストの使い方をご紹介したいと思います。
一人暮らしやワンルームではチェストの選び方や使い方でお部屋の広さを有効に使えるからです。

このページの目次

一人暮らしやワンルームにおすすめのチェストの使い方
積み重ねチェストを使う
テレビ台として使う

積み重ねチェストを使う

>>>『積み重ねチェスト リルデココ』はこちら

積み重ねタイプのチェストはいわゆるプラスティック製の収納ケースになります。
収納ケースは一個一個が個別になっているので高さを自由に変えたり、横幅を自由に変えたり、置き場所を自由に変えたりすることができるので便利です。

ベッド下に収納

ベッド下、特にアイアンベッドの下には空間があり収納物を置くスペースがあります。
そのベッド下に積み重ねタイプの個々になった収納ケースを置くことが出来ます。
ベッド高さがある場合は2段ほど重ねることもできますし、高さがない場合でも重ねずに横に並べて置くことができます。

お部屋の整理整頓にピッタリの収納スペースですよね。

リルデココの収納ケース

リルデココの収納ケースの場合は幅34cm×奥行49cm×高さ23cmになります。
そこで例えばシングルベッドのサイズが幅100cm×長さ200cm×高さ35cmほどの場合は、横並びに収納ケースが5個置けます。
幅100cmを考えると奥にも置けるので合計10個ほど置ける計算になります。

10個ほど置けるとなると衣類や小物などかなり収納できることになりますよね。
そうなると大きなチェストを置くスペースを確保する必要がなくなり、ワンルームもより広く使うことができますね。

ベッド床面まで高さがない場合

ベッド床面まであまり高さがなおベッドの場合は、浅めの収納ケースを置くこともできます。
このような場合は衣類の収納以外にも小物の収納に適しています。

ベッド床面が低いときの注意点

ここで気を付けたい点はベッド下の掃除が少々大変になります。
収納ケースをよけて掃除する必要があるので、よけるのが面倒な場合はキャスター付きの収納ケースがおすすめです。

クローゼットに収納できる

収納ケースはクローゼットに置くこともできます。
ベッド下が他の物でいっぱい、または布団などでベッド下に置くスペースがない場合はクローゼットや押入れに収納することで部屋を広く使うことができます。

クローゼットに置くことでワンルームをより広く使うことができます。
ワンルームの場合はできるだけ家具を置かずに空間を残したいですよね。

積み重ねタイプのチェストの特長

このように積み重ねタイプのチェストの場合は置き場所を選びません。
空いているスペースに置くことができます。
積み重ねタイプなので何段でも重ねることができますし、横にも並べて置くことができるので一人暮らしやワンルームのお部屋には便利な使い方ができて重宝するのでおすすめです。

 

テレビ台として使う

 

テレビ台を置きたい、という方にはテレビ台としてだけではなくチェストとしても使えるタイプのリビングボード(チェスト)がおすすめです。

 

>>>『幅120cmリビングボード』はこちら

引出しいっぱい大容量チェスト

左の画像のようにテレビと録画機を置くだけのテレビ台の場合は収納力はなく衣類やリネン類を収納するチェストが別に必要となります。

しかし右の画像のような引出しいっぱいのチェストの場合は衣類やリネン類、そして小物が収納できるので大変便利です。
DVDなどの収納も勿論できます。
引出しの深さや幅が色々あるので小物を小分けして収納できるので整理整頓もしやすくなっています。

テレビ台を置くなら引出しがいっぱいあるチェストにすることで収納もできる、テレビも置けるので衣類を収納するためのチェストを別に置くスペースを確保することがなくワンルームのお部屋もより広く使えるのでおすすめです。

ローチェスト

>>>『幅110ピュアホワイト ローチェスト』はこちら

引出しがいっぱいあるチェストの他にもローチェストの場合はテレビ台としても活用できます。
テレビ台とチェストを別にすることなく一台二役の使い方ができワンルームのお部屋におすすめです。

プリンターや電話台としても

幅120cmほどあるとかなりの幅があるのでテレビを置くだけではなく、プリンターやファックスも置く事ができます。
パソコンを使う場合にプリンターの置き場所に困ることがありますよね。
そんなときもこの幅広めのチェストの場合はテレビ以外にもプリンターを置くこともできます。
幅が広い分、天板に置く物も増やすことができます。

 

まとめ

一人暮らしやワンルームにおすすめのチェストの使い方

一人暮らしやワンルームのお部屋におすすめのチェストの一つは積み重ねタイプのチェストです。
積み重ねチェストは置く場所を選びません。
・ベッド下
・クローゼット
など、空いているスペースが使えるので便利です。
ベッド下には8個~10個ほどの収納ケースが置けるのでかなりの収納力になります。
また積み重ねて使えるので高さを利用することもできます。
狭いお部屋の場合は幅より高さを利用することでより広く使うことができるので積み重ねチェストはおすすめです。

おすすめのチェストのもう一つは引出しがいっぱいあるローチェストです。
衣類やリネン類を収納してテレビ台としても使うことで一台二役になります。
引き出しがいっぱいあるチェストほど収納力がでるので整理整頓に役立ちます。

 

ご紹介した商品は姫系家具専門店の『プリアンティーク』の商品です。