ロフトベッドのメリットとデメリット

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

ロフトベッドはベッド下に収納スペースがあり、活用方法が色々ある便利なベッドです。
しかしそのベッドも便利なだけではなく、欠点もあります。

メリットとデメリット。

そこで今回はロフトベッドのメリットとデメリット、そして注意点をご紹介したいと思います。

このページの目次

ベッド下が収納スペースになる

ロフトベッドのメリットは何といってもベッド下の有効活用です。
高さにはハイタイプ、ミドルタイプ、ロータイプの3タイプがあります。

ハイタイプ

ハイタイプはベッド下が床面まで約150cm前後の高さがあります。
収納としてはウォークインクローゼットのように活用できるほどの収納力があります。
衣類の他にチェスト、また普段使わないスーツケースや季節外で使わない扇風機、他には普段使う掃除機など、多様な荷物をたっぷり収納することができます。

収納スペース以外にもデスクを置いてパソコン作業をするスペースを作ったり、ドレッサーを置いてメイクをする場所に、などちょっとしたお部屋のように活用することもできます。
ソファとテーブル、テレビを置いて小さなリビングのようなお部屋としての活用法もできますよ。

ミドルタイプ

ミドルタイプはベッド床面まで約120cm前後の高さがあります。
デスクを置いて作業するには低く不向きです。

しかし収納スペースとしてはかなり期待できる高さです。
収納ケースを何段にも重ねて収納することができます。

またラックなどを置いてバッグなどの整理整頓にもピッタリです。
収納スペースとしては大きなものも置けるので大変便利です。

ハンガーポール付きの場合は衣類をたっぷり掛けることができます。
長めのワンピースやコート類も掛けられます。
また高めのチェストも置くことができます。
本が多い方はカラーボックスなどを置いて本をたっぷり収納することができます。

ロータイプ

ロータイプの場合は床面まで約100cm前後の高さがあります。
階段を上るのもさほど大変ではない高さです。
その分収納力のかなり少なくなります。

しかし衣類の収納に関してはかなりの収納力が期待できます。
ただしロングコートなどの長い丈の衣類のハンガーには不向きです。

本の収納、旅行鞄、掃除機、扇風機、電気ストーブ、布団、チェストの収納は可能です。
高い場所で寝るのが苦手な方にはロータイプがおすすめです。

 

ロフトベッドのデメリット

ロフトベッドはベッド下に収納ができたり、デスクを置いたりなど色んな活用方法がありメリットの多いベッドです。
しかしデメリットもあります。
ご購入の際はデメリットを考慮した上でお使いになることをおすすめします。

引っ越し時に必要なくなる可能性が大きい

ベッド下に収納スペースがたっぷりあるのでクローゼットがないお部屋などではかなりの収納力を発揮するので助かりますが、ずっとそのお部屋に住むわけではありません。
引っ越し先のお部屋には大きなクローゼットがあるときもあります。

そんなときは高さのあるロフトベッドが必要なくなってしまいます。

またロフトベッドは組立て式なので次のお部屋でまた使うとしても、引っ越しの際には一度ベッドを分解しなくてはなりません。

大きなベッドを部屋から出すには無理ですし、そのままの状態でドラックに積むのも無理があります。
引っ越しをするたびに分解するのは、大変な作業になると考えられます。

 

注意点

購入時に将来を考えてタイプを選ぶ

ロフトベッドにはタイプがいくつかあります。
●ハイタイプ
●ミドルタイプ
●ロータイプ
●木製のロフトベッド
●アイアン(スチール)製のロフトベッド

タイプがあるので将来を考えてどのタイプにするかを考えてから購入されると良いでしょう。

環境が変わっても使えるロフトベッド

例えば引っ越し先に行ってもずっとロフトベッドを使うつもりでいる場合、またはロフトベッドを処分するという覚悟で購入される場合はどのタイプでも良いでしょう。

しかし引っ越し先では使わなくなる可能性を考えると処分する形になります。
使えるベッドを処分するのはちょっともったいないですよね。

そこでおすすめのロフトベッドは、ロフトベッドとしても通常のシングルベッドとしても、どちらでも使える2WAYタイプのベッドです。
これなら環境が変わっても臨機応変に対応できるので処分する必要がなくなります。

組立てを考える

アイアン製のロフトベッドより木製のロフトベッドの方が少々重いので組立ても分解も大変です。
またどちらも組立ても分解も2人以上の人数が必要になります。
狭い部屋での一人暮らしに使うとしても、組立てには人の手が必要となります。

引っ越し楽々ロフトベッド

ハイタイプ~ロータイプまであるロフトベッドですが高さを変えられるロフトベッドがあります。
ベッド下に収納スペースが欲しいためにロフトベッドしたけれど引っ越し先ではロフトベッドは必要ない。
そんな時は通常の高さのシングルベッドに変えられるアイアン製のロフトベッドがあります。

ハイタイプもミドルタイプもロータイプも、脚部分を外すだけでシングルベッドに早変わり!
これなら引っ越しの際も脚を外すだけでベッド本体は分解する必要がありません。
これは助かりますね!!

ずっと使う(壊れるまで使う)予定の場合はロフトベッドにもなるしシングルベッドにもなるベッドなら、いつまでも長く使えます。
引っ越しの際もベッド本体を分解する必要がないのが嬉しいですよね。

>>>『ロフトベッド』はこちら

 

まとめ

ロフトベッドのメリットとデメリット

ロフトベッドはベッド下に収納がたっぷりできるメリットがあります。
しかし同時に引っ越した先では必要がなくなるというデメリットもあります。

そのようなデメリットにはロフトベッドとしても通常のシングルベッドとしても使えるベッドがおすすめです。

ご紹介した商品は姫系家具専門店『プリアンティーク』の商品です。