アクセサリー収納に最適な姫系多段チェスト

2019年1月12日

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

女性にとってアクセサリーはファッションを楽しむ上でとても重要な役割を果たしてくれますよね。
しかし、多くなればなるほどそのアクセサリーの収納場所に困ったことはありませんか?
アクセサリーをたくさんお持ちの女性はアクセサリースタンドやアクセサリーボックスだけでは足りないこともありますよね。
またアクセサリースタンドを置く場所のないお部屋もあります。

そんなときは姫系のおしゃれな多段チェストがおすすめです。
そこで今回はアクセサリーを多段チェストに収納するアイディアをご紹介したいと思います。

このページの目次

アクセサリー収納に最適な姫系多段チェスト
姫系多段チェスト
引出しの使い方(収納例)

姫系多段チェスト

アクセサリーを収納するならおしゃれなデザインがいいですよね。
おしゃれといっても色々なデザインがありますが、今回ご紹介する姫系のデザインは特におすすめです。
そこで姫系多段チェスト『ピュアホワイト多段チェスト』をご紹介します。

>>>『ピュアホワイト多段チェスト』はこちら

猫脚チェスト

ピュアホワイトはシリーズ化した家具です。
シリーズすべてが猫脚になっています。
猫脚家具は猫の後ろ脚のように湾曲になっています。
先端はぽっこりと丸くなった猫のつま先そのままの形でとてもかわいい印象のあるデザインです。

ローズの彫り

取っ手にはローズのモチーフが施されています。
白一色のチェストのアクセントになっているのが、このローズの取っ手です。
上段5杯には一輪の薔薇、下段3杯には一枚一枚の花びらのクラシカルデザインになっています。
ローズの取っ手に触れるたびにそのエレガントさを実感できます。

幕板付き

幕板にもローズのモチーフが施されています。
とてもバランス良く配置されたローズのモチーフは、幕板の細部にまでこだわりに抜いたデザインです。
姫系の家具にはローズのモチーフが施された家具が多くありますが、ピュアホワイトはバランス良くローズの彫りが配置されているので、甘過ぎない大人女子のエレガント家具デザインです。

 

引き出しの使い方(収納例)

多段チェストにアクセサリーをどう収納したら使いやすいのか、ここではその使い方をご紹介します。

浅い引き出しの使い分け

ピュアホワイトの多段チェストは上段5杯と下段3杯の引き出しの深さが異なります。
浅い引出しがアクセサリーの収納に適した深さとなります。
深さがないのでアクセサリーが埋もれてしまうことがありません。

一段目

一段目にはブレスレットと時計の収納に決める。
幅31cm×奥行38cmのチェストなので引出し内はこのサイズより一回り小さめになりますが、ブレウレットや時計サイズのアクセサリーにとっては、かなりの量が収納できます。

アクセサリーボックスの引き出しって結構小さ目ですよね。
引き出しに2~3個入れると一杯になってしまいます。

ブッレスレットと時計をたくさんお持ちの女性にはブレスレットの収納には多段チェストがおすすめです。
またアクセサリーボックスがアクセサリーでいっぱいになってしまった場合も多段チェストは活躍します。

二段目

二段目にはネックレスを収納する。
冠婚葬祭用のパールのネックレス、その他普段使用するネックレスのみの引き出しとして使用する。
ネックレスのみの引き出しにすることで、たくさんのネックレスが収納できますよ。

三段目

三段目にはイヤリングやピアスの専用引出しにする。
ピアスやイヤリングをお使いの女性はたくさん持ってるのが常ですよね。

蓋なしのディスプレイケースを引き出し内に入れて収納することで整理整頓しやすくなります。
ディスプレイケースを使うことでバラ付くことなく収納できるのでおすすめです。
特にイヤリングなどは絡みやすいので個別に収納できるディスプレイケースをご使用になることで取り出しやすくなります。

また蓋なしのディスプレイケースは引き出しに収納することで埃防止にもなりますよね。
他にはプラスチックのケースもあります。
プラスチックケースは透明なので見やすいですよね。

四段目

四段目には指輪(リング)の収納に決める。
指輪もピアスのようにディスプレイケースを使用することでバラ付きなく収納できます。
ただ指輪の場合はイヤリングのように絡み付く心配がないので必ずしもディスプレイケースを必要とするわけではありません。

五段目

五段目にはヘアアクセサリーを収納する専用引出しにする。
女性にはヘアアクセサリーは欠かせません。
ヘアピン、コーム、ヘアゴム、カチューシャ、ヘアバンド、ヘアクリップ、バレッタ、バンズクリップ、リボン、シュシュなど種類豊富にたっぷり収納できます。

深い引き出しの使い分け

●指輪のケース
深い引出しにはケースに入ったままの指輪または指輪ケースを収納するのに便利です。
指輪のケースは蓋部分が山のように盛り上がっているので浅めの引き出しには収納することができません。
しかし捨てることのもできない。

そんな場合は深めの引き出しに収納しましょう。
多段チェストをアクセサリー収納専用として使うことで「あの指輪のケースどこに行った?」と行方不明になることもありません。
大切な指輪には思い出があるのでしっかり保管したいですよね。

スカーフ

お洒落に欠かせないスカーフを収納するのにも便利です。
丁寧に折りたたんで収納することで取り出しやすくなります。

>>>『姫系多段チェスト』はこちら

 

まとめ

アクセサリー収納に最適な姫系多段チェスト

アクセサリーは素敵ですよね。
おしゃれです。

その素敵なアクセサリーだからこそ収納するならおしゃれなチェストにしたいですよね。
姫系の多段チェストはローズの彫りの取っ手が施されたピュアホワイトがおすすめです。
使うたびにローズの取っ手に触れるのでエレガントさが実感できます。

引出しには浅めと深めに分かれています。
浅めの引き出しには一段目はブレスレットと時計、二段目はネックレス、三段目はピアスとイヤリング、四段目はリング、五段目はヘアアクセのように、引出しによって収納するアクセサリーを決めると使いやすくなります。

深めの引き出しにはおしゃれに欠かせないスカーフなどの収納にも便利です。

 

ご紹介した商品は姫系家具専門店『プリアンティーク』の商品です。