姫系家具を使ったプリンセスルームの作り方:チェスト編

2019年1月15日

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

お部屋をプリンセスルームにするとき、どのようなデザインがあるのかしら?
そんな風に悩まれている方に、先日から姫系家具の中から、木製ベッドとアイアンベッドをご紹介しました。
そして今回は「姫系チェスト」をご紹介したいと思います。

脚の種類

姫系チェストと一言でいってもどのようなチェストが姫系チェストといえるのか?
そこでここでは姫系家具の中から「脚」「デザイン」「色」をご説明したいと思います。

猫足(短い脚)

>>>『姫系チェスト』はこちら

姫系チェストと呼ばれるチェストに「猫脚(猫足)」があります。
猫の後ろ脚のように湾曲で、先端は猫のつま先のようにぽっこりと丸みのある脚をいいます。
かわいいですよね。

猫足の長さ

脚の長さはチェストの場合は短いものがほとんどです。
特に衣類を収納するためのチェストの場合は短くなっていますが、デスクやテーブルになると高さが必要なので、脚の丈が長いものもあります。

カーブはやさしい印象のあるデザインなので、女性らしい印象もあります。
真っ直ぐな脚は力強さを感じますが、カーブのある脚は弱い印象があります。
この印象が姫系として人気です。

猫脚チェストを置いたお部屋の一例です。
白一色の猫足チェストに同じホワイト系のシャギーラグが女性らしい雰囲気を演出しています。
ランプとお花で色を付けているところが、このお部屋のアクセントになっています。

猫足(長い脚)

>>>『姫系チェスト』はこちら

猫足チェストの中でも長めの脚です。
長めの脚の場合は衣類を収納するための大きなチェストというよりも、小物の収納に適している引き出しが小さめのものが多くあります。
特にサイドチェストとして活用できるサイズが多く、ベッドの横、ソファの横、デスクの横にピッタリです。

こちらはラウンドチェストをベッドサイドに置いたサイドチェストとして活用している一例です。
ホワイト系のチェストにブラウンの絨毯とラグを組み合わせたアインティーク調の雰囲気を演出した、ちょっと高級感あるお部屋になっています。
落ち着いた雰囲気とスッキリした印象がまるでホテルに居るかのようなお部屋にです。

ろくろ脚(ターンドレッグ)

>>>『姫系チェスト』はこちら

姫系チェストの中にはろくろ脚と呼ばれる脚のチェストがあります。
短くてコロンとした形をしています。
北欧を感じさせる形で、またコロンとした形が可愛い印象があります。
丸い形は癒し系なので、お部屋の雰囲気もやさしくなります。

こちらのお部屋はろくろ脚チェストの一例です。
チェストとテレビ台そしてリビングテーブルは同じシリーズで揃えています。
ローテーブルの脚は長めのろくろ脚(ターンドレッグ)デザインになっています。

パープルのフリル付き布団カバーとピンクのフリル付きカーテンが、白一色のシンプルな家具の中のアクセントになり、プリンセスらしい雰囲気を一層演出していますね。
フリルを使うと甘い雰囲気が強くなります。
そのためスッキリした大人女子のプリンセスルームにしたい場合はフリル無しがおすすめです。

 

デザインの種類

姫系チェストの中のデザインには彫刻の彫りやゴールドの取っ手、クリスタルの取っ手などがあります。
エレガントな印象があるのは彫刻の彫りがデザインされたチェストです。
ゴールドやクリスタル調の取っ手は若い女性向きのかわいい印象が強くなっています。

彫刻の彫りと浮彫

>>>『姫系チェスト』はこちら

姫系チェストをいわれているデザインには彫刻が施されたチェストが多くあります。
薔薇の浮彫、花びらの彫刻、リボンレリーフ、葉をモチーフにしたものなど、様々なデザインがあります。

彫刻が施されたチェストは高級感があり、またアンティーク調の雰囲気があります。
彫刻の彫りが多く施されたチェストほど、甘い印象が強くなります。

ヴィオレッタ

彫刻の彫りのあるチェストが置かれているお部屋の一例です。
彫刻の彫りが多いほど、家具もお部屋も甘い雰囲気が強くなりますね。
甘い印象だけではなく、高級感もありますね。

価格

当然ながら彫刻の彫りが多い家具は手が加えられている分、お値段も高価になります。
彫りのデザインが多いほど豪華なお部屋向きになります。

ゴールドとアンティーク調

チェスト本体には彫刻の彫りはないけれども取っ手にゴールドやアンティーク調、クリスタル、またお花の形をした取っ手をデザインした姫系チェストもります。

>>>『姫系チェスト』はこちら

リボンの形をしたゴールドの取っ手のチェストはどちらかというと可愛い印象が強く若者向けのデザインです。
アンティーク調は落ち着いた印象があり、大人女子にも人気のデザインです。

キャッツプリンセス

ゴールドとパールをあしらった取っ手の「キャッツプリンセスシリーズ」のお部屋です。
シリーズで揃えているので統一感があります。
コンパクトサイズばかりなので一人暮らしや狭い部屋におすすめのサイズです。
可愛らしさの中にもスッキリした印象がありますね。

 

色の種類

姫系チェストの中で一番人気のある色は白(ホワイト)です。
他にはピンク、ブルー、イエロー、オフホワイト、グリーン、ブラウン、そしてブラックもあります。

姫系チェストの中ではホワイト(白)がダントツの人気です。
しかし色の種類は色々あります。
シックで落ち着いた印象がお好きな女性にはブラウンもしくはブラックが人気です。
濃いピンクはどちらかというとロリータ系の方に人気のカラーになっています。

>>>『姫系チェスト』はこちら

 

まとめ

姫系家具を使ったプリンセスルームの作り方:チェスト編

姫系チェストといわれる脚には
●猫足
●ターンドレッグ
●脚なし
があります。

デザインには
●彫刻が施されたチェスト
●ゴールドやクリスタルの取っ手またアンティーク調
などがあります。

色の基調としては
●ホワイト(白)が一番人気
●ブラウン
●ブラック
●ピンク
●イエロー
などがあります。

 

姫系家具専門店『プリアンティーク』には他にも豊富に姫系チェストを取り揃えております。
お気軽にお立ち寄りください。