姫系家具を使ったプリンセスルームの作り方:ダイニングテーブル編

2019年1月20日

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

プリンセスルームを作るには姫系家具で揃えることが失敗しないプリンセスルームの作り方になります。
必要な家具にはベッド、チェスト、キャビネット、リビングテーブル、ドレッサー、PCデスクなどがあります。

リビングとベッドルームはこれらの家具で十分おしゃれなプリンセスルームになります。
ではダイニングキッチンはどうでしょうか?

そこで今回はキッチンにおすすめの姫系デザインのダイニングテーブルをご紹介したいと思います。

脚の種類 猫足

姫系といわれるダイニングテーブルの脚の種類には「猫足」と「ろくろ脚」があります。

猫足

エレガント

>>>『姫系猫足ダイニングテーブル』はこちら

猫足デザインは猫の後ろ脚のように湾曲になっていて、先端は猫のつま先のようにぽっこりとした可愛らしい形をしています。
猫足家具は姫系家具の中でも人気のデザインですが姫系家具ファンでなくても女性に人気がああります。

アンティーク調

パッとした見た目は可憐な印象があり、猫足家具で揃えることでお部屋が女性らしい雰囲気になります。
ホワイト系の色は清潔感がありプリンセスルームらしい雰囲気になります。
ブラウンで揃えるとアンティーク調の落ち着いた雰囲気になります。

クラシカル風

幅135×奥行80×高さ73cmのダイニングテーブルはご家族4人ほどで使えるサイズになります。

天板と幕板には波のようなデザインと猫足には彫刻が施されています。
ダイニングテーブルのみと椅子とのセットの両方があります。
椅子の脚にも彫刻が施され背もたれにもデザインされています。
王室にあるような高級感あるダイニングテーブルで両サイドに引出しがありカトラリーの収納ができます。

ブラウン

幅150cmのダイニングテーブルもあります。

ホワイトはプリンセスルームにピッタリの色で、ブラウンはアンティーク調がお好きな方におすすめの色です。

ラグでアクセント

ブラウンのダイニングテーブルと同シリーズのチェアのセットで、テーブル下に敷かれているクラシックデザインの赤いラグマットがブラウンのテーブルととても相性の良い色になっています。
ラグがないホワイトの画像とラグのあるブラウンの画像では、同じシリーズでも高級感が違います。

壁に付けて

幅135cmのダイニングテーブルです。
新婚さんなどお二人でお使いになる場合には壁側に付けてお使いいただくと、場所を取らずダイニングを広々とした状態にすることができます。
また狭いお部屋では壁に付けて、家族が増えて広いお部屋に引っ越した際は中央に置いてなど、アレンジ次第で色々な雰囲気が楽しめます。

フレンチシャビー

>>>『猫足ダイニングテーブルハンプトン』はこちら

猫足でフレンチシャビーのダイニングテーブル「ハンプトン」には2人用と4人用の2タイプがあります。
天板と幕板には波のようなデザインとリボンレリーフがデザインされた可憐な印象のダイニングテーブルです。

ダイニングルーム一例

ハンプトンにはダイニングチェアもあり、一緒に使うと統一感が出てやさしい印象になります。
王室にあるようなダイニングルームという印象よりも、庶民的なカントリー調を感じるデザインです。

高級感と庶民的

猫足ダイニングテーブルには王室にあるような高級感あるデザインと、庶民的なカントリー調があります。
お部屋にある他の姫系家具と合わせてどちらが合うかを考慮の上で選ばれるとバランスが良くなります。

>>>その他の『姫系猫足ダイニングテーブル』はこちら

 

脚の種類 ろくろ脚

ろくろ脚

ろくろ脚はストレートの脚にろくろで彫りを施し丸みを出している形です。
ヨーロピアン調で北欧を強く感じるデザインですね。
他の家具もろくろ脚で揃えている場合は統一感が出てお部屋がスッキリした印象になります。

フレンチシャビー

>>>『ターンドレッグダイニングテーブル』はこちら

スラッと伸びた脚に丸みのあるデザインが施されたおしゃれなろくろ脚デザイン。
猫足よりも甘い印象が少なく、スッキリしたデザインですね。

一例

ろくろ脚のダイニングテーブルに同シリーズのチェアとベンチの組み合わせた一例です。
ろくろ脚デザインのダイニングテーブルは猫足ダイニングと違い天板や幕板に波のようなカーブを施したデザインではなく、どちらかというとスッキリしたデザインが多くあります。
それでもおしゃれな印象があり素敵です。

浮彫り

>>>『ターンドレッグダイニングテーブル』はこちら

ターンドレッグデザインのダイニングテーブルで幕板にカーブが施されたテーブルです。
彫刻の彫りもありエレガントさがあります。

ダイニング一例

ダイニングテーブルとチェアがセットになったおしゃれなろくろ脚家具です。
お部屋の家具がろくろ脚の場合はダイニングテーブルもろくろ脚の家具がおすすめです。
画像のようにお部屋全体に統一感が出ますよね。

 

デザイン

デザインは彫刻の彫りが施されたデザインが多くあります。
浮彫デザインは特に猫足ダイニングテーブルに多く見られます。
幕板や脚部分にデザインされて、さりげないおしゃれ感がありますね。

 

色の種類

色はブラウン、ブラック、ナチュラル、ホワイト、バイカラーなどが代表的な色になっています。
ブラックやブラウンはアンティーク調の印象が強く、落ち着いたプリンセスダイニングルームを作りたい場合におすすめです。

爽やかな印象

爽やかなプリンセスダイニングルームを作りたい場合にはホワイト系がおすすめです。
清潔感がありますし圧迫感が少なく、女性らしい印象があります。

シャビー風

色は個人の好みになるのでお好きな色を他の家具、またお部屋の雰囲気に合わせてお選びいただくと良いでしょう。

>>>『姫系猫足ダイニングテーブル』はこちら

 

まとめ

ダイニングテーブル編

姫系ダイニングテーブルには猫足とろくろ脚があります。
ろくろ脚より猫足の方が甘い印象が強いので、プリンセスルーム作りには猫足がおすすめです。

色はホワイト、ブラウン、ブラック、バイカラーなどがあります。
ホワイトは姫系家具の中でも人気の色で、清潔感があるのと同時に圧迫感が少ないので狭いお部屋にもおすすめの色になります。

デザインは彫刻が施されたものがあります。
甘い印象がほしいときにおすすめです。

 

ご紹介した商品は姫系家具専門店『プリアンティーク』と『A la mode』の商品です。
プリアンティークもA la modeにもおしゃれなダイニングテーブルを豊富に取り揃えております。
お気軽にお立ち寄りください。