姫系家具を使ったプリンセスルームの作り方:アイアンベッド編

2019年1月15日

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

お部屋をプリンセスルームにしたい・・・でもどんな家具を置いたらプリンセスルームになるのかよく分からない。

そこで昨日は木製の姫系ベッドをご紹介しました。
今回は昨日に引き続き姫系ベッドの中から「アイアンベッド」をご紹介したいと思います。

通常のシングルサイズ

姫系のアイアンベッドはどのようなデザインなのか、と疑問をお持ちの方もいると思います。
おしゃれなアイアンベッドといってもスタイリッシュなベッドもあります。
男性的なベッドもあります。
では、姫系のアイアンベッドにはどのようなデザインがあるのか見てみましょう。

アイアン独特の曲線

>>>『姫系アイアンベッド』はこちら

姫系のアイアンベッドの特徴はなんといっても弦が伸びたような曲線のあるデザインです。
ヘッドボード、フットボード、中にはベッドガードにも施されたベッドも数多くあります。
この曲線がエレガントな印象を与えて姫系らしい雰囲気をお部屋に出してくれます。

ヘッドボード

また特徴としてヘッドボードが山のようなカーブを描いているデザインも多くあります。
ベッドはなんといってもヘッドボードの印象が強く残ります。
フットボードやサイド、またベッド床面は布団でほとんで隠れてしまいます。
ですのでヘッドボードのデザインは印象が強く、おしゃれなデザインを選びたいですね。

スッキリデザイン

弦の曲線が多くあるベッドと少なくてさっぱりしたデザインがあります。
弦の曲線が多ければ多いほど甘い印象になります。
逆に少ないとスッキリした印象があるので、甘い印象が好みではない女性におすすめです。

>>>『姫系アイアンベッド』はこちら

画像上のベッドは以外とシンプルなデザインの姫系アイアンベッドですが、やはりヘッドボードにはアイアン独特の曲線がデザインされています。
フットボードは布団で隠れてしまいがちなので、ヘッドボードにデザインさえされているベッドなら、姫系らしいベッドルームになります。

色を合わせる

こちらは姫系アイアンベッドを使ったお部屋の一例です。
ベッドは家具の中でも大きく場所を取るので、存在感があり目立ちます。
そのためチェストやテレビ台を姫系にしていても、普通のデザインのベッドを置いてしまうとプリンセスルームの雰囲気は出せません。

ここで大切なのは、「ベッドの色」と「家具の色」をできるだけ合わせた方が統一感が出て、おしゃれな印象があり姫系らしい雰囲気になります。

上の画像は白が基調のアイアンベッドに、周りにあるテレビ台もチェストも白で統一しています。
統一されていることで色に安定感が出て、落ち着きのある安心できる雰囲気になります。
また白で統一することで爽やかな印象にもなります。
色を付ける場合は、ラグや観葉植物などの小物で付けるとアクセントになります。

色を合わせる(ゴールド)

>>>『セレスティア』はこちら

アイアンベッドがゴールドで、ドレッサーなど周りの家具もすべてゴールドで統一されたベッドルームです。
統一感があり落ち着きがあり、アンティーク感のある素敵なお部屋です。
色を使う場合は、色々な色を使ってしまうと落ち着きのない印象になります。
できるだけ同系色の色で統一されることをおすすめします。

ソファベッド

>>>『ソファベッド』はこちら

姫系アイアインベッドの中にはソファベッドもあります。
ベッドとしてもソファとしても使える2WAY仕様のベッドです。
どの姫系アイアンベッドも支柱が切りっぱなしではなく飾りキャップが施されています。
このように細部にも気配りのあるところが、姫系アイアンベッドの特徴の一つですね。

 

天蓋付き

>>>『天蓋付きアイアンベッド』はこちら

姫系ベッドの中でも女性なら一度は憧れたことのある「天蓋付きベッド」。
天蓋は寝ている最中の虫除けとして使われていましたが、今の時代ではお姫様ベッドになっています。
この天蓋付きアイアンベッドにするだけでも、プリンセスルームの雰囲気が出せますね。

天蓋の色はほとんどが白です。
天蓋のあるベッドはどこか別世界にあるお部屋のようにも感じますね。
特にアイアンベッドに天蓋があると北欧感があり、日本に居るとは思えない印象になります。

 

ロフトベッド

>>>『姫系アイアンロフトベッド』はこちら

ロフトベッドも姫系デザインとなるとシングルベッド同様のデザインです。
ヘッドボードとフットボードに弦が伸びたような曲線がデザインされています。
またロフトベッドに欠かせないベッドガードにも曲線デザインが施されています。
支柱も同様に切りっぱなしではなく、丸みのある飾りキャップがデザインされています。

高さが変えられるロフトベッド

ロフトベッドのタイプには、ロフトベッドとして使わなくなったときには通常のシングルベッドと同じ高さに変えられるベッドもあります。
広い部屋に引っ越してロフトにする必要がなくなった、というときに処分せず引き続き使えるので経済的です。

 

まとめ

姫系家具を使ったプリンセスルームの作り方:アイアンベッド編

姫系アイアンベッドの特徴
●弦が伸びたような曲線のデザイン
●支柱は飾りキャップ
●天蓋付き
●ロフトベッド
などがあります。

何よりも姫系アイアンベッドの特徴はアイアン独特の曲線です。
このデザインが姫系の雰囲気がありエレガントなので、プリンセスルームを作るときにおすすめです。

 

おしゃれな家具通販店『プリアンティーク』には、姫系のアイアンベッドを数多く取り揃えております。
お気軽にお立ち寄りください。