姫系家具を使ったプリンセスルームの作り方:テーブル編

2019年1月18日

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

プリンセスルームにするときはどんなデザインの家具がいいの?と悩むときがありますよね。
家具にはベッド、チェスト、キャビネット、テーブル、テレビ台と色々あります。
プリンセスルームを作るポイントとしてはすべて姫系らしい家具で揃えることです。
そこで今回は姫系テーブルをご紹介します。

脚の種類

姫系テーブルといわれているテーブルの脚には猫足、ターンドレッグなどがあります。

猫足

>>>『姫系テーブル』はこちら

猫足は猫の脚のように湾曲のカーブとつま先が猫のつま先のようにぽこっとした形をしています。姫系家具というと一番に思い浮かぶのは「猫足」です。
ですので猫足家具で揃えることでプリンセスルームのお部屋作りが簡単にできます。

 

>>>『キャッツプリンセス』はこちら

猫足テーブルと猫足家具で統一したプリンセスルームの一例です。
白を基調とした猫足家具はお部屋にやさしい印象を与えます。
爽やかなお部屋ですね。

ターンドレッグ

>>>『姫系テーブル』はこちら

ターンドレッグはストレートの脚に丸みを施したデザインの脚です。
ストレートのみの脚はエレガントさがありません。
しかしストレート脚の中に丸みのあるデザインを施すことで北欧を感じるほどおしゃれ感が出ます。

お部屋一例

>>>『ブロカントテーブル』はこちら

ターンドレッグテーブルのお部屋の一例です。
ターンドレッグデザインはどちらかというとフレンチシャビーの雰囲気が強いので、甘くない姫系のお部屋にしたい方におすすめです。

 

デザインの種類

デザインには彫刻の彫りを施されたテーブルが多くあります。
中には引出し付きのテーブルもあり、取っ手にはクリスタル調やアンティーク調が施された取っ手が多くあります。

引出しの取っ手にはアンティーク調やローズの彫りなど色々なデザインがあります。
幕板のあるテーブルには彫刻が施されたデザインもあります。

 

色の種類

姫系テーブルにはホワイト、ブラウン、バイカラーなどがあります。
一番人気はなんといってもホワイト(白)です。
清潔感が感じることと、どんなお部屋にも相性が良いところです。

またプリンセスルームというとホワイト(白)のイメージが強くあります。
そのため姫系家具の色もホワイトが多くあります。
しかしピンク、ブルー、グリーンもあります。
色使いを上手に使いこなすことで上品なプリンセスルームができます。

 

まとめ

テーブル編

プリンセスルームを作るポイントとして脚の形、デザイン、色の種類があります。
脚の形は
●猫足
●ターンドレッグ
が人気です。

特に猫足は姫系テーブルの代表ともいえる脚になります。

デザインは彫刻が施されているもの、また引出し付きもあり取っ手にアンティーク調やクリスタル調を施したテーブルもあります。

 

ご紹介した商品は姫系家具専門店『プリアンティーク』の商品です。