狭い部屋におすすめのベッドはショート丈サイズの収納付きベッド

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

狭いお部屋にベッドを置くとなると場所を取りますよね。
寝るためだけの家具に場所を取られて狭い部屋がさらに狭くなる・・・こんな悩みありますよね。

「ベッドを置いたらタンスが置けない(泣」
「場所を取らないベッドはないかしら?」

そんな悩みを解決するのが「ショート丈サイズの収納付きベッド」です!!
そこで今回はその「特徴」と「おすすめのベッドタイプ」をご紹介したいと思います。

このページの目次

ショート丈ベッドの特徴
置きたい場所に置ける
余計な場所を取らない

おすすめの収納付きベッドの構造とそのメリット
ボックス構造
底板付き
掃除の手間が省ける
部屋が片付く

置きたい場所に置ける

マイナス20cm前後

通常のベッドは長さ210~220cmほどです。
しかしショート丈サイズのベッドはヘッドボードなしの場合は長さ185cm前後になります。
またヘッドボードのあるショート丈サイズでも195cm前後です。

この20cm前後短くなるだけで、ベッドを置きたい場所に置けるようになります!!
「あと10cm短かったら・・・」こんなことありますよね。
狭いお部屋の場合は、数センチが大きな影響を及ぼします。

壁と柱の間

例えば上の画像のように、賃貸でよく邪魔になるのが「柱」です。
これは角のお部屋にありがちなパターンですよね。

この柱があるスペースだけ凸になり場所が狭くなっています。
そのため220cm前後のベッドが置けない、ということもあります。
しかもそこにベッドが置けたなら、他の家具の配置も良くなり使いやすい部屋になる。

そこでおすすめなのがショート丈サイズのベッドです。
置きたい場所に置けることと、20cm前後コンパクトになることでお部屋を少しでも広く使うことができます。

 

余計な場所を取らない

当然ながらショート丈なので余計な場所を取りません。

身長が180cm以上の方なら別ですが、160cm前後の女性なら床面長さは180cmで十分です。
もちろん男性でも180cm以下の方なら195cmほどのベッド床面の長さは必要ありません。

必要のない長さを狭いお部屋に置く必要もないですよね!!
そこでおすすめなのが余計な場所を取らないショート丈サイズのベッドです。
小さめサイズがちょうどいいのは狭いお部屋こそですね!!

 

ボックス構造

埃対策ができる

ボックス構造とは画像のように引き出しが「板で囲まれている」構造です。
ですので埃が入りにくい構造になっているので「埃対策」ができます。

またボックス構造ではない場合は、床に浮いている埃が入りやすい構造になっています。
そのため、引き出し内に収納している衣類などが「気づけば埃が付いている」という状態にも。
そうならないために、マメなお掃除が必要となってしまいます。

しかしボックス構造ならマメな掃除は必要ありません。

 

底板付き

埃を侵入させない

チェストベッドや収納ベッドなど、引き出し付きのベッドの反対側にも収納スペースがあります。
その反対側に「底板」が付いていない場合は床にある埃が侵入してしまいます。
そのため掃除をするとなると、収納物を一旦出してから掃除をするという手間があります。

しかし「底板」があることでボックス構造と同じように「板で囲まれている」ため埃の侵入を防ぎます。
ベッド床面の板を外さない限り、ほとんど埃が入らない構造になっています。

 

掃除の手間が省ける

 

上記のように「埃が入りにくい」構造になっているので、収納庫のお掃除の手間が省けます。
埃が入りやすい構造の場合は、収納物を清潔に保つために掃除の手間があります。
しかし埃防止対策ができている構造なので、その手間が要りません。
嬉しいですね。

 

部屋が片付く

 

ベッド下が収納場所になっているので、お部屋の小物や荷物を収納することができます。
賃貸の場合は収納場所に困ることがしばしば起こります。

生活をしていると、荷物は必ず増えていきますよね。
そうなると次第にお部屋が狭くなり、スッキリしない散らかった印象になってしまいます。
増えると断捨離をして、買ってはまた増えて断捨離をして、が繰り返しになります。
そんな小物や荷物もベッド下がすべて収納場所となるため、お部屋がかなり片付きますよ。

 

狭い部屋

 

狭いお部屋はベッドにできるだけ場所を取りたくないですよね。
長さ220cmのベッドと、長さ190cmのベッドでは30cmほどの差ができます。
この30cm前後の差は狭いお部屋に大きな影響を与えてしまいます。

ベッドがコンパクトになることで、他の家具の配置がスンナリ収まり使いやすいお部屋になります。
家具の配置がスンナリ収まることは、狭いお部屋にとって重要なことですよね。

 

クローゼットが小さい

 

狭いお部屋の場合はクローゼットも小さい、ということがあります。
狭いお部屋なのにクローゼットだけは大きい、というお部屋はあまり聞いたことありませんよね。

クローゼットが小さいとあまり収納もできません。
収納できない物を狭いお部屋のどこに収納したらいいのでしょうか?

そこでおすすめなのがショート丈サイズの収納付きベッドです。
ショート丈で余計な場所を取らないだけではなく、収納力もあるので重宝します。
場所を取るだけのベッドではなく、その場所が収納場所にもなるには狭いお部屋には嬉しい家具ですよね。

 

収納場所がない

 

狭いお部屋の中にはクローゼットのないお部屋もあります。
そのようなお部屋には「収納家具」が必要となります。
しかし、狭いお部屋だけあってベッドと収納家具などあらゆる家具を置くスペースがありません。
そのようなときにも重宝するのが「ショート丈の収納付きベッド」です。

 

チェストベッド

チェストベッドは上の画像のようにベッド下に2段以上の引き出しが付いたベッドです。
2段以上あるということは、それだけ高さがあります。
その高さ分だけ収納力がでます。
収納物がたっぷり入るので、狭いお部屋におすすめです。
しかも引き出しがあるので衣類の収納もたっぷりできます。

 

跳ね上げ式ベッド

跳ね上げ式ベッドは引き出しはありませんが、かさばる荷物の収納がたっぷりできます。
かさばる物だけではなく、衣類の収納もできます。
埃が入りにくい構造になっているので掃除の手間も省けます。
収納の仕方次第でかなりの収納ができるので、狭いお部屋におすすめのベッドです。

 

マットレス付き

 

ショート丈サイズの収納付きベッドには「フレームのみ」と「マットレス付き」があります。

ショート丈はサイズが通常サイズではないため、マットレスサイズもショートサイズでなければなりません。
ショート丈サイズのマットレスを探すよりも、「マットレス付き」を選ぶことで手間が省けます。

マットレスには種類があり、ポケットコイルマットレス、ボンネルコイルマットレス、マルチラスススーパープリングなどがあり、お好みのマットレスが選べるようになっています。

 

まとめ

ショート丈サイズの収納付きベッド

ショート丈サイズのベッドは通常のベッドサイズより20~30cmほど短くなります。
狭いお部屋の場合はこの差が大きな影響を及ぼします。
●配置した場所に配置できる
●他の家具の配置がスンナリ決まる
など。

狭いお部屋におすすめの理由

収納付きベッドになることでお部屋が片付きます。
狭いお部屋の場合はクローゼットも小さく荷物が収納しきれないこともあります。
そんなときに便利なのが、ベッド下を収納場所として活用することです。
ベッドは大きな家具なので、ただ寝るだけのベッドではなく収納もできるベッドがおすすめです。
収納付きベッドは収納ケースを必要とすることなく収納ができるので便利です。

ショート丈サイズの収納付きベッドは、お部屋もクローゼットも狭いからこそ活躍するベッドです。

 

カントリー調ベッド通販店『Green Leaves』ではショート丈サイズの収納付きベッドを取り揃えております。
お気軽にお立ちよりください。