女性の一人暮らしに「必要な家具家電」と「不要な家具家電」リスト

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

初めて一人暮らしをするとき「何が必要か」「費用はいくらかかるのか」など、分からないことだらけです。
特に女性と男性では必要な物も変わってきますよね。

そこで今回は女性に焦点を当てた「一人暮らしに必要な家具家電」と、無くても困ることはないだろうと予想する「不要な家具家電」のリストをあげてみたいと思います。

このページの目次

女性の一人暮らしに必要な家具家電
必要な家具
必要な家電
必要なキッチン用品
その他雑貨など

女性の一人暮らしに不要な家具家電
不要な家具
不要な家電
不要なキッチン用品

女性の一人暮らしにおすすめの家具
収納付きベッド
収納付きソファ

女性の一人暮らしにおすすめの家電
火を使わない調理器具

必要な家具

カーテン

一人暮らしを始めるときに、まず揃えておきたいのが「カーテン」です。
窓から丸見えとなると、夜に電気も付けられませんよね。
しかも女性の一人暮らしなら、尚更お部屋の中が見られないよう注意したいものです。

窓のサイズはお部屋によって異なります。
住む前に必ず窓のサイズを測り、そのサイズに合うカーテンを購入しておきましょう。

窓よりカーテンが短いと下から部屋が見えてしまいます。
逆に長いと床に着いて引きずってしまうこともあります。
ですのでからなずサイズを測ってから購入しましょう。

 

寝具

寝るときに使う寝具が必要です。
ベッドまたは布団、どちらにするかは個人で変わります。

ベッドの場合は、
●マットレス
●ベッドパッド(汗を吸います)
●シーツ(替えようとして2枚)
●枕
●枕カバー(替えようとして2枚)
●布団(羽布団または綿布団・タオルケット・毛布など)

布団の場合は、
●敷き布団
●シーツ(替えようとして2枚)
●枕
●枕カバー(替えようとして2枚)
●布団(羽布団または綿布団・タオルケット・毛布など)

 

テーブル

リビングテーブル、センターテーブルと呼ばれている「食事に使うテーブル」が必要です。
テーブルの高さは低いものでも、ダイニングテーブルのような高さのあるものでも、お部屋に置けるサイズの食事用のテーブルが必要となります。
ただし、ダイニングテーブルのように高さのあるテーブルの場合は椅子の購入も必要となります。

勉強用のデスクが必要なためテーブルを置く場所がないという場合は、デスクで食事をする方もいます。

 

収納家具

収納家具といってもタイプが色々ありますが、最初に揃えておきたいのは衣類を収納する家具です。
狭いお部屋の場合は大きなサイズのタンスを置くスペースの余裕がありません。

そのようなお部屋におすすめなのは積み重ねできる収納ケースです。
プラスティック製で作られているので軽くて、お掃除が簡単で、湿気にも強いのでおすすめです。
積み重ねすることで横の場所を取らないため、狭いお部屋にピッタリです。

 

蓋つきゴミ箱

ゴミ箱を使わず、コンビニなどでもらうビニールの袋で代用される方もいますが、あると便利です。
特に生ごみなど臭いがあるものを入れるのに重宝します。
またゴミが見えないところもいいですよ。

 

テレビ台

テレビを置く場合はテレビ台が必要となります。
しかしローチェストを使っている場合は、そのチェストをテレビ台として活用することもできます。
使っているチェストなどをテレビ台として使うこともできますが、この場合木製に限ります。
天板が木製でも本体がプラスティック製の場合は安定性に欠けているので注意が必要です、

 

必要な家電

照明

照明付きのお部屋と照明なしのお部屋があります。
確認してから購入しましょう。

 

テレビ

最近はスマホでもテレビが見れる時代ですが、あると便利です。
また近年災害が多く、テレビを観ている最中に「速報」でニュースを知ることができます。

 

オーブンレンジ

朝にパンを食べる方にはオーブンレンジがおすすめです。
電子レンジは温めはできますが「焼く」ことができません。
トースターを購入するとなると置き場が必要となります。
オーブンレンジなら一カ所で済むので狭いお部屋にはおすすめです。

 

冷蔵庫

冷蔵庫を持たない方もいますが、食品を腐らせないためには冷蔵庫が必要です。
またゴキブリなど虫を寄せ付けないためにも、食品を冷蔵庫で保管することをおすすめします。

 

洗濯機

近くにコインランドリーがあるから、と洗濯機を用意されない方もいます。
下着類だけ自宅で手洗い、他はコインランドリーで洗うという方法もあります。

しかし疲れて帰ってきたときにコインランドリーに行くのは大変です。
しかもお金がかかるためマメに通うこともできません。
洗濯物が溜まりますよね。

またコインランドリーはどちらかというと、人通りの少ない場所にありがちです。
このような場合、夜暗くなってから行くのは女性にとっては少々危険が伴います。
洗濯機があれば空いた時間に、好きな時間に洗濯することができます。
女性の一人暮らしの場合は洗濯機を用意することをおすすめします。

※お部屋によっては洗濯機スペースがないこともあります。
洗濯機が置けるかどうかチェックしておきましょう。

 

ドライヤー

髪を乾かすのに必要ですよね。
夏場は自然乾燥できても冬は風邪を引いてしまいます。

 

ストーブ

北国など寒い土地柄でお部屋にストーブが付いていない場合は必要です。
お部屋にストーブが付いているかどうかの確認をしておきましょう。

 

必要なキッチン用品

一人暮らしの方には料理をしない、という女性もいます。
しかしここでは料理をすることを前提に必要なリストをあげてみたいと思います。

ガスコンロ

料理をするのに必要なコンロです。
引っ越しするときにガス屋が都市ガス、プロパンガスなどを把握して設置してくれます。
お部屋によってはコンロ付きもあるので確認しておきましょう。

 

フライパン

肉を焼いたり、野菜を炒めるのに必要です。
大きさ(サイズ)が色々あるのでご自分に合ったサイズを購入しましょう。

 

フライ返しや菜箸

野菜炒めなどで使うキッチン用品です。
割りばしなど短いお箸では火を使う料理なので熱くて使えません。
またお玉もあると便利です。

 

煮物をしたり、カレーを作ったりするのに便利です。
レトルト食品を温めるときにも使えます。

 

食器類

お皿、お茶碗、どんぶり、カップ、グラス、お箸、スプーン、フォーク、タッパ、など。
これらは必要に応じて序々に揃えていくことで、余計な買い物をせずに済みます。

 

まな板と包丁

最近では包丁要らずの商品も増えていますが、料理する方にはまな板と包丁は必要です。
包丁は一つくらいは用意しておきましょう。
必要に応じてくだものナイフを用意しましょう。

 

その他雑貨など

●フェイスタオル
●バスタオル
●バスマット
●ハンガー
●洗濯バサミ
●シャンプー&コンディショナー
●石鹸
●食器洗剤
●洗濯洗剤
●水切りカゴまたはマット(洗った食器を置く物)
●台布巾
●座布団(ソファがない場合)
●トイレットペーパー
●トイレの掃除用具(トイレブラシ・トイレ洗剤)
●ラップ・アルミホイル

 

不要な家具

家具の中には「不要だろう」と思えるものがあります。
そのリストをあげてみたいと思います。

ソファ

ソファは場所を取ります。
あると便利ですが、場所を取ってしまう場合は座椅子や座布団で代用できます。

 

ドレッサー

女性にとってはメイク用品を一カ所にまとめることができるので便利な家具でもあります。
しかし場所を取るようならメイクボックスとスタンドミラーで代用できます。

 

姿見

女性の場合は服装チェックに便利です。
しかし場所を取ってしまう場合は我慢できる家具です。
しかしどうしても必要な場合は「スリム型収納付きスタンドミラー」がおすすめです。
可動棚なのでメイク用品や本の収納もできて服装チェックもできるのでとても便利です。
しかも幅25cmほどで場所を取りません。

 

食器棚

食器を収納する家具ですが、シンク下を活用することもできます。
シンク下を活用することで食器棚を置く必要がないので、お部屋を広く使えます。

 

不要な家電

こたつ

こたつはあると足元が温かくなり、いいですよね。
でも夏場は使わず仕舞う場所がないこともあります。
ヒートテックの膝掛けで十分足りることもあります。
しかしどうしても、という場合はオールシーズン使えるこたつテーブルがおすすめです。
夏場でも収納する必要がありません。

 

不要なキッチン用品

炊飯ジャー

最近は電子レンジでご飯を炊くことができるアイテムがあります。
ただし保温機能がないので、おかわりするときはレンジで温める必要があります。

 

電気ケトル

お湯を沸かすときに便利ですが、お鍋でもお湯を沸かすことができます。
ただしお鍋を使っていたりして空いたお鍋がないときは、お湯を沸かすことができません。

 

トースター

重複になりますが、オーブンレンジがある場合はトースターは必要ありません。
またフライパンで食パンを焼くこともできます。
ただし2枚いっぺんに焼くことはできません。

 

やかん

お鍋でお湯が沸かせるので、結構必要を感じません。
大家族なら必要だと思います。

 

電気ポット

一人の場合は必要な分だけお湯を沸かす、またはレンジで温めるだけで十分です。
電気ポットは電気代もかかります。

 

コーヒーメーカー

どうしても落としたコーヒーじゃないと駄目という場合は別の話です。
インスタントコーヒーやドリップコーヒーで代用できます。

 

収納付きベッド

収納付きベッドはベッドに棚があるのでチェストを用意する必要がありません。
しかも引き出し反対側にも収納ができるので旅行鞄などの大きな物も収納できて便利です。

 

収納付きソファ

ソファをお使いになる場合は収納付きソファがおすすめです。
ソファは場所を取るため、座る目的だけではなく収納スペースとして活用できると便利ですよ。

 

火を使わない調理器具

グリル

グリルは火を使わないので料理が苦手な方、初心者の方でも安心してお使いいただけます。
また「野菜不足」「料理が面倒」というときは、卓上で煮る、焼くが簡単に出来て便利です。
お肉と野菜を焼きながらテレビを観たり、温かいシチューを食べることができますよ。

 

ミニ炊飯器

最近では電子レンジで焚くアイテムもありますが、ミニ炊飯器は保温ができるので便利です。
卓上に置いても場所を取らないので、温かいご飯をゆっくり食べることができます。

 

多用途おでん鍋

おでん鍋だけではなく、煮る・茹でる・蒸す・焼く・炒めるの一台5役の鍋です。
おでん好きな日本人は多いですよね。
それが自宅で卓上で、しかも温かい状態で食べれるので嬉しいですね。
また煮魚を作ったり、炒める、焼く、蒸す、茹でるが、火を使わずできて安心です。

 

電気フライヤー

油の飛び散りが少ない深型のコンパクトサイズの電気フライヤーです。
揚げ物というと火加減がむずかしく、慣れてない方には不安もあります。
しかし電気フライヤーなら温度ヒューズで加熱防止があるので、安心して作れます。
出来たての温かいフライが食べれるので、一人暮らしの方におすすめです。

 

ミニ焼き屋台

大きなホットプレートは必要ない、置く場所がない、という一人暮らしの方におすすめの小さなホットプレートになる「ミニ焼き屋台」です。
テレビを観ながらゆっくり卓上で一人分の焼き肉が楽しめます。
たこ焼きも焼けるプレートも付いているので便利ですよ。

 

まとめ

部屋の環境をよく調べておく

この記事では女性の一人暮らしに必要な家具家電と不要な家具家電のリストをご紹介しました。
しかし本当に必要かどうかは人それぞれ異なります。
またお部屋の環境によっても変わってきます。

ストーブがあるかないか、キッチンにガスコンロが付いているか、クローゼットの広さはどのくらいか、収納ケースは必要か、収納付きベッドが必要か、洗濯機スペースがあるか、カーテンのサイズ、照明付きか、など揃える必要があるかどうか、お部屋の環境をよくチェックしておきましょう。

洗濯物を干す場所があるかどうか、トイレの広さと収納場所があるかどうか。
できるだけ失敗しないスタートを切るためにも、お部屋の環境をよく調べて置くことは大切です。

 

プリアンティークグループでは一人暮らしの女性におすすめのお洒落なコンパクト家具を取り揃えております。
お気軽にお立ち寄りください。