一人暮らし向けのソファダイニングのスタイル

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

 

一人暮らしの場合は部屋が狭く、置く家具にも制限がありますよね。
ソファにするか座椅子にするか、ダイニングセットを置くかローテーブルにするか・・・など。

何を優先して、何を除くか。

ダイニングセットを置くとソファが置けない、でもソファで休みたい、という方には最近流行りのソファダイニングはいかかでしょうか!!

実は私もソファダイニングにしている一人なんですよ♪

そこで今回は一人暮らし向けのソファダニングのスタイルとおすすめのソファダイニングをご紹介したいと思います。

このページの目次

一人掛けソファ

 

ソファといっても必ずしも2人掛け、3人掛け、というわけではありません。
一人掛け用のソファもあります。

一人掛けソファにすることで、それだけ場所を取らずに済むので狭いお部屋にピッタリです。
椅子と違いソファなので座り心地もソファ並みなのでお尻が痛くなりにくいですよね。

部屋が狭く、できるだけコンパクトにしたい環境には一人掛けソファはおすすめですよ。

 

二人掛けソファ

 

二人掛けソファの中でも、できるだけ横幅を取らないコンパクトなソファがおすすめです。
一人掛けソファと違い二人掛けソファの場合は横になることができるので嬉しいですね。

食後にちょっと横になりたい、昼寝をしたい、横になりながらテレビを観たい、ということも二人掛けソファならではですよね。

 

小さめのテーブル

 

ダイニングテーブルというと4人用のような幅のあるテーブルばかりではありません。
中には一人用の小さくてコンパクトなサイズのテーブルもあります。

幅75cmの正方形タイプの大変コンパクトな一人~二人用のテーブルもあります。

お部屋の大きさや他の家具との関わり方次第で、どの程度の大きさが置けるかが決まりますが、できるだけ小さめのテーブルがおすすめです。

ちなみに私の場合は幅69×奥行48cmのテーブルを使っています。
テーブルは6畳間に置いてあり、これ以上大きなテーブルにすると圧迫感を感じてしまいます。

おすすめなのは70cm以下、そして正方形ではなく長方形で奥行は50cm以下です。
正方形のテーブルは狭いお部屋の場合は場所を取っているように感じてしまいます。
しかし長方形のテーブルは部屋を広く見せる錯視になるのでおすすめです。

 

高さが調節できるテーブル

狭いお部屋でソファダイニングにするとなると、テーブルは一つしか置きませんよね。
しかし時にはテーブルを違う高さにして使いたいときも出てくる可能性があります。

そんな時に便利なのが「高さが調節できるテーブル」です。
メーカーによって2段階~3段階とロー・ミドル・ハイタイプと調節できるテーブルがあります。

ソファは脚を取り外すことでローソファにすることができるタイプがあります。
雰囲気を変えたいとき、使い方を変えたいときには高さが調節できるテーブルは便利ですよ。

 

高さを変えて冬はこたつテーブルとして使うことができるテーブルもあります。
このようなタイプは季節感があって素敵ですよね♪

 

昇降式テーブル

一人暮らしでソファダイニングにするときに一番おすすめのテーブルは「昇降式」です。
私もこのような昇降式テーブルを使用しています。

4段階に調節ができる昇降式を使用しているので、友人とお茶を飲むときはローテーブルにして低く、食事をするときは高くして食事がしやすい高さに変えています。

6畳間という狭い部屋の場合は、テーブルは低い方が圧迫感がありません。
そのため、必要に応じてテーブルを高くするようにしています。

それができるのが昇降式テーブルですよね!!

昇降式テーブルの場合は画像のように、椅子の高さによってテーブルの高さも調節できます。

便利ですね!!

 

まとめ

コンパクトなダイニングが実現

一人暮らしのような狭いお部屋でソファダイニングにするときには、できるだけコンパクトなソファとテーブルにすることで圧迫感がなく、部屋を広く有効的に使うことができます。

その条件としてあげられるのが、

■一人掛けソファ
■二人掛けソファ
■小さめのテーブル
■高さが調節できるテーブル
■昇降式テーブル

があります。

私自身もソファダイニングで食事をしながらソファで寛いでいます。

テーブルは昇降式テーブルでソファは合皮の2人掛けソファです。
昇降式は高さを調節することができるので、部屋の雰囲気を変えたいときには便利ですよ。

 

「フォロー」「いいね」をお願いします(。v_v。)