一人暮らしのお部屋におすすめの積み重ねタイプの収納ケース

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

一人暮らしのお部屋はクローゼットが狭かったり、お部屋によってはクローゼットのないお部屋もあります。
その場合衣類の収納に悩みますよね。
元々一人暮らしのお部屋は狭いことが多いので大きなチェストを置く場所さえままなりません。

そこで今回ご紹介したいのは積み重ねタイプの収納ケースです。
積み重ねタイプがなぜ一人暮らしのお部屋におすすめなのかをご紹介しますね。

このページの目次

収納ケースの10の特徴

収納ケースのタイプ

収納ケースで検索すると色々なタイプの収納ケースが検索結果に出てきます。
●引出しタイプの収納ケース
●キャスター付き収納ケース
●組み合わせ収納ケース
●クローゼット用収納ケース
●紙タイプの収納ケース
●プラスティックタイプの収納ケース
●チェスト(タンス)
など、収納ケースにはタイプが色々あります。

積み重ねタイプの収納ケース

今日は様々な収納ケースのタイプから積み重ねタイプをご紹介しています。
その特徴はまさに積み重ねが可能だ、ということです。

特徴① 横幅を取らない

積み重ねることで当然ながら高さができます。

一人暮らしのお部屋はお部屋に幅がありません。
6畳一間~10畳一間のお部屋は幅がないため家具を置くとさらに狭くなるため家具を置くにも限りがあります。
ベッドやテーブルなど必要最小限の家具で抑えても狭くなり空間がなくなります。
そこで高さを活用することがお部屋を狭くしたいためのコツになります。

それができるのが積み重ねタイプの収納ケースです。

暮らしているうちに荷物は増えていきますよね。
そんなとき広さが限られている一人暮らしのお部屋の場合は収納家具を増やすことができません。そうなると増えた荷物の収納場所がなく散らかり放題という状態にもなりかねませんよね。

特徴② 高さを積み上げていく

このように荷物が増えたときは積み重ねができる収納ケースだと便利ですよ。

例えば3個ほど積み重ねて衣類や小物を収納していたけど荷物が増えた、というときは収納ケースをもう一つ増やして4段に積み重ねるだけです。
そうすることで部屋を狭くすることなく収納ができるので整理整頓も簡単になります。

洋服に限らず本が増えたときや雑貨が増えたときも同様です。
収納ケースを増やして積み重ねるだけでお部屋を狭くすることなく収納場所を作ることができるのところは積み重ねできる収納ケースの特徴の一つです。

完成品は収納力に限りがある

一般的なチェスト(日本語では箪笥ともいいます)は収納力に限りがあります。

例えば4段4杯のチェストは収納力が4段4杯のままです。
完成品のチェストなので引出しを増やすことも減らすこともできません。
そのため収納力に変わりがありません。

特徴③ 積み重ねタイプは収納力に限りがない

しかし積み重ねタイプの収納ケースの場合は積み重ねることで収納力がアップします。
つまり収納力に限りがありません。

手の届かないところまで積み重ねたら横にまた積み重ねタイプの収納ケースを増やして、荷物の状況に応じてまた積み重ねていくだけでいいのです。
ほとんど横幅を場所を取らすに収納力をアップすることができるのが収納ケースの特徴です。

特徴④ 下段に良く使うものを収納する

積み重ねることで高さが出ます。
そうなると当然の如く顔より高い収納ケースの中身が取りずらくなります。

このような場合は普段よく使う小物や衣類を顔から見える位置に、つまり手の届きやすい位置に積み重ねて、普段使わない物を顔より上に積み上げて置くことで使い勝手が良くなります。

特徴⑤ 順番が簡単に変えられる

積み重ねができる収納ケースはポリプロピレンで作られているので軽く持ち運びが簡単です(ポリプロピレンは「プラスティックケース」とも呼ばれています)。
そのため物を入れると多少は重くなりますが衣類などの軽量な収納物の場合は簡単に持ち運びができます。
そのため積み重ねた順番を変えたい場合は女性でも簡単に順番を変えることができます。

例えば、夏場には冬服を収納しているケースを上に置き夏服を手の届きやすい場所に積み重ねて、冬場になったら冬服を手の届きやすい場所に積み重ね順を変更することが簡単にできます。
使いやすい位置に順番を変えることができるのも積み重ね収納ケースの特徴です。

気を付けたいこと

ここで注意点をお話しします。

本など重たい物を大量に収納しているケースは背丈より上に積み重ねることはおすすめできません。
万が一地震などで倒れてきた場合はその重たいケースが頭や身体にぶつかってしまう危険性もあります。
地震などのことも考えて積み重ねる順番には気を付けましょう。

特徴⑥ 置く場所を選ばない

部屋に他の家具を置く事になり収納ケースの場所を移動したくなった。
そんな時はクローゼット内の場所を開けてクローゼットに移動することもできます。
大型チェストと違い個々の作りだからこそできる模様替えです。
収納ケースすべてを移動しなくても、家具を置くスペース分だけ移動することもできます。

また逆も然りです。

クローゼット内に置いていたけどクローゼットが物で一杯になってしまった。
そんな時はお部屋に移動、ということもできます。

置く場所を選ばず空いたスペースに移動できるのが積み重ねタイプの収納ケースの特徴です。

特徴⑦ 色々なスタイルを楽しめる

積み重ねタイプの収納ケースは一カ所にまとめて置く必要はありません。
ヘッドボードレスのベッドの場合はベッドの横に2段~3段ほど重ねて目覚ましを置いたり、スマホを置いたり、サイドチェストの代わりにして小物を置くことができます。

他にはデスク横に4段ほど置いて本やノートを収納しサイドチェスト代わりとして活用できます。
天板にはオーナメントやフォトスタンドを飾ることでおしゃれな空間ができます。
使い方はアイディア次第で色々なスタイルを楽しめます。

置き方、置き場所などスタイルは個性を活かしていろんな形を楽しむことができます。
活用方法が色々あるので便利です。
収納するものも衣類に限らず小物や工具、食器、食品、他。
必要に応じて場所を変えたり高さを変えたり収納物を変えたりなど、いろんなスタイルが楽しめます♡

特徴⑧ 引っ越しにも困らない

引っ越しの際は収納物を入れたまま運べます。
木製の大きなチェストの場合は重たく、引っ越しの際は軽くするため荷物をダンボール箱に移し替える必要があります。

この作業は以外と大変ですよね。
特に一人暮らしの方は引っ越しは常です。
ですので、できるだけ引っ越しやすい環境でいたいですよね。

そこで積み重ねタイプの収納ケースがおすすめです。
チェストとして使っているとわざわざ収納物をダンボールに入れる必要はありません。
そのまま次のお部屋に運ぶことができるので引っ越し準備も簡単に済みます。

特徴⑨ 以外と丈夫

ポリプロピレン(プラスティック製)の収納ケースは以外と丈夫です。
重たいものを置いたり、座ったりしない限り壊れることはほとんどありません。
しかし万が一壊れたときはゴミ袋に入れて捨てるだけです。
捨てるのも簡単なところも特徴の一つなので一人暮らしの方にはおすすめです。

大きなチェストの場合は粗大ごみとして出す必要があるのでお金がかかります。
しかし収納ケースの場合はゴミ袋(有料袋)に入る大きさです。
手間がかからず、また経済的ですよね。

特徴⑩ 湿気に強い

木製や紙製と違い湿気を吸わないのがプラスティック製の収納ケースです。
日本は湿気の多い国なので湿気を吸わない材質は日本向け収納ケースともいえます。

湿気に強いのでベッド下に置いても汗などの湿気を吸わないため収納物をカビから守ります。
また水回りのあるユーティリティーにランドリーラックとして置いても大丈夫です。
湿気を吸わないので場所を選ばず置けて便利です。

 

使い方

 

では積み重ねタイプの収納ケースにはどのような使い方があるのか見てみましょう。

見えるところに置いて

>>>『リルデココ 収納ケース』はこちら

例えばこんなおしゃれでかわいいプリント柄の収納ケースならお部屋の見えるところに置いて、物が増えたらどんどん積み重ねていくだけ、とこんな普通の使い方もあります。
ベッド横、椅子の横、ソファの横など見えるところに置くことでおしゃれな空間ができます。

ロフトベッドの下

   

画像のようにロフトベッドの下に積み重ねて収納することができます。
かわいい柄ではない場合は「隠したい」「見せたくない」と思われるときもあると思います。
そのような場合はロフトベッドにカーテンを取り付けることで収納物を隠すことができます。
かわいいカーテンなどにするとおしゃれになりますよね。

カーテンの種類

この時のカーテンはできるだけレースカーテンのような軽いタッチのカーテンがおすすめです。
遮光カーテンのような重いカーテンはお部屋に圧迫感を与えてしまいます。
しかしレースカーテンの場合は圧迫感が少なく、しかも目隠しできるのでおすすめです。

ベッドの下

>>>『高さ調節可能ベッド』はこちら

ロフトベッドではなくとも高さが調節できるベッドがあります。
ベッド下にはかなりの収納スペースができるのでそのベッド下に積み重ねて収納することもできます。

通常のベッドの下にも空きスペースがある場合は収納ケースを置くことができます。
ベッドの下は幅や奥行があるので収納ケースを置くにはちょうど良いスペースです。

クローゼットの中

ベッドの下以外にクローゼットの中に収納して使うこともできます。
クローゼットに重ねて使うことで横幅を取らずに収納できます。
バッグなどかさばる物の収納にもクローゼットに収納できるので便利です。

 

まとめ

一人暮らしにおすすめの積み重ねタイプの収納ケース

一人暮らしのような狭いお部屋で積み重ねタイプの収納ケースがおすすめの理由
●縦に積み重ねるので収納ケースが増えてもお部屋が狭くならない
●収納物が増えても積み上げていくだけで簡単に収納場所が作れる
●収納ケースを増やすことができるため収納力に限りがない
●ケースの数が増えた場合は普段使うものを手の届く高さに重ねることで使いやすさがでる
●軽量なので女性一人でも簡単に持ち運びができる
●軽量なので重ねている順番を簡単に変更できる
●クローゼットに、ベッド下に、見えるところになど置き場所を選ばない
●サイドチェスト代わりにしたりと積み重ねの数により色々なスタイルを楽しめる
●丈夫
●湿気を吸わないため湿気の多い日本向け
●引っ越しの際は収納物を出すことなくそのまま運べる

注意点

本など重量のある物を収納している場合はできるだけ頭より下に重ねて危険を避ける

など、積み重ねタイプの収納ケースをチェストとして活用することで利便性がたくさんあります。

一人暮らしの場合は引っ越しが常です(一軒家にお住まいの方は別です)。
ですので軽量で運びやすく、活用スタイルも色々楽しめて、色々な場所に置ける積み重ねタイプの収納ケースがおすすめです。
 
 
ご紹介したリルデココのチェストは姫系家具専門店の『プリアンティーク』の商品です。