収納付きベッドに入れられる物と入れてはいけない物の見分け方

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

ベッド下に衣類やリネン類また旅行鞄など収納できる「収納ベッド」は、一人暮らしのような狭いお部屋にはとても重宝するベッドですよね。

しかし色々収納できるからといって何でも入れてしまうことはおすすめできません。

なぜなら収納ベッドの種類によっては、ベッド下に汗などの湿気を逃すベッドと湿気を逃さないベッドがあり、湿気を逃すベッドの場合は収納物のカビの原因にもなり兼ねないからです。

そこで今回はベッド下に湿気を通すベッドと通さないベッドの違いと、収納できる物、また収納物の量についてご紹介したいと思います。

このページの目次

湿気を通すベッド

すのこ仕様

すのこ仕様のベッドは最近とても人気のあるベッドですよね。
通気性が良いので、寝ているときに出る汗をマットレスに溜め込まず逃す仕組みになっています。
また湿気の多い季節でも湿気をマットレスに残さず、ベッド下に湿気を逃すので人気です。

しかし問題はこの”湿気をベッド下に逃す”という仕組みです。

ベッド下に衣類などの収納物があると、その湿気を衣類が吸ってしまいます。
湿気を吸うことで収納物にはカビなどの問題が生じてしまいます。

ウッドスプリング網目状の床面

アイアンベッドで多い仕様のウッドスプリングと、網目状の床面です。
このような床面もベッド下に湿気を通してしまいます。

 

湿気を通さないベッド

床面板仕様

収納ベッドの場合でも、床面が「板仕様」になっている場合はベッド下に湿気を逃しません。
床面部分には湿気が残ってしまいますが、ときどきマットレスを上げて通気性を良くしましょう。
そうすることで床面のカビを抑えることができます。

床面が板仕様なのでベッド下にある収納物にまでは湿気がほとんど通りにくくなります。

床面すのこ+板仕様

最近では床面が板とすのこ仕様の両方を兼ね備えたベッドもあります。
すのこは通気性が良く湿気を下に逃します。
しかしその下が板仕様になっていることで、ベッド下の収納物に湿気をうつしません。

湿気を溜めず、湿気を収納物にうつさない、というとても健康に良い仕様です。
寝汗を多くかく方におすすめの仕様です。

板仕様

 

アイアンベッドでも床面が板仕様になっているベッドもあります。
この場合はベッド下に湿気を通しにくい構造になっているので安心ですね。

 

埃を侵入させないベッド

ボックス構造

湿気以外にも収納ベッドでは気を付けたいことがあります。
それは「埃」です。

ボックス構造ではないベッド(左)の場合は引き出しに埃が入りやすくなります。
そのため衣類やリネン類などが埃で汚れてしまう可能性が大きくあります。
マメな掃除が必要となってしまいます。

しかしボックス構造(右)の場合は、引き出しが板で囲まれているので埃が入りにくくなっています。
それはまるでチェストがベッド下にあるかのような状態です。

底板付き

引き出し反対側にも収納できるベッドがあります。
この場合、底に板があるベッドと板が無いベッドがあります。

板付きではない場合は、床に浮いている埃が収納物の周りに寄せ付けられてしまいます。
そのため、埃っぽくなりマメな掃除が必要となります。

しかし底板付きの場合は埃の侵入を防ぎ、収納物を埃から守ります。
掃除の手間も省けます。
また、収納物で床を傷つける心配もありません。

 

衣類や雑貨類

引き出しのタイプには「浅型」と「深型」があります。
※深型の引出しがない収納ベッドもあります。

浅型の引き出しは「衣類」や「リネン類」の収納に適しています。
またスライドレールなどがある引き出しの場合は単行本の収納もできます。

他には食品のストック庫としてレトルト食品や乾麺などの収納にも便利です。

衣類は床面板仕様がおすすめ

引き出しに衣類を収納する場合はベッド床面が「板仕様」になったベッドがおすすめです。
すのこ仕様の場合は湿気をベッド下に逃すため、衣類のカビの原因にもなり兼ねません。
いざ着ようと思った時にカビが・・・なんてことは避けたいですよね。
しかし板仕様の場合は湿気をベッド下に逃さないため、カビの原因もなく安心です。

※汗は逃しませんが、お部屋の湿気が溜まることもあるので湿気対策をおすすめします。

 

バッグなどかさばる物

深型の引き出しにはちょっぴりかさばる小物の収納に便利です。
●バッグ
●ぬいぐるみ
●クッション
●ローションなどの高さのある化粧品
●ヘアケア用品
●ドライヤー
など。

お部屋にはかさばる小物がそこそこありますよね。
深型引出しは、そんなちょっとした大きさのある小物の収納に便利です。

 

長物

引き出し反対側にも収納スペースがあり、仕切りがない場合は長物の収納ができます。
●ラグ
●ゴルフバッグ
●スキー
●スノーボード
など、長くて収納スペースを取る荷物の収納もできます。

特に冬にしか使用しないスキーやスノーボードなどの収納場所には困りますよね。
そんな季節のスポーツ用具の収納にとても便利ですよ。

 

季節の家電

ベッド下の収納スペースで高さがある場合は、季節家電や家電の収納もできます。
●扇風機
●電気ストーブ
●空気清浄器
など、ベッド床面の高さに合った家電の収納ができます。

冬場は見たくない扇風機、夏場は見たくない電気ストーブ、などが収納できるので便利ですよ。

 

大きな荷物

引き出しの反対側、また跳ね上げ式ベッドの場合はスペースを取る大きな荷物の収納に便利です。

ベッドの床面が高い場合はショッピングカートや旅行鞄のような高さと幅のある物が収納ができます。
また季節外で使わない布団の収納にも便利です。
季節外で着ない衣類をまとめて収納するスペースとしても活躍します。
まとめて収納する場合はケースに入れて収納するとスッキリした収納ができます。

大きな荷物は個人で違い色々あり、ベッド床面の高さに応じて収納することができます。

 

まとめ

収納ベッドに収納できる物

収納ベッドのベッド床面には2タイプあります。
①ベッド下に湿気を通すベッド
②ベッド下に湿気を通さないベッド
です。

湿気を通すベッドの場合は収納物が湿気を吸うのでカビの原因になる可能性があります。
そのため引き出しに衣類などを収納する場合は湿気を通さない床面がおすすめです。

湿気を通さないベッドは床面が板仕様です。
板仕様の場合は湿気を引き出しに通さないため、寝汗などによるカビの原因を防ぎます。

収納できるものとして浅型の引出しには「衣類」「リネン類」「本」「雑貨」などがあります。
深型の引き出しには「バッグ」「高さのある化粧品」「ヘアケア用品」「ドライヤー」など。
引き出し反対側には「ラグ」「ゴルフバッグ」「スキー」「スノーボード」の長物に便利です。
また季節の家電の収納にもおすすめです。

 

湿気を通す床面と湿気を通さない床面に応じて収納物の管理をすることが大切です。
収納付きベッドを選ぶときには、この2タイプに注意する必要があります。

 

プリアンティークグループでは多数の収納ベッドを販売しております。
お気軽にお立ち寄りください。