一人暮らしやワンルーム必見!テレビを置く場所とテレビ台の選び方

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

一人暮らしのお部屋やワンルームは狭い空間に色々な家具を置かなくてはなりません。
ベッド、テーブル、チェスト・・・など。
そして家具と同じく必要なのが家電製品もありますよね。
冷蔵庫やレンジ、そしてテレビ。

狭い空間のどこにテレビを置くと観やすいでしょうか?
邪魔にならないでしょう?
収まりがいいでしょう?
そしてどんな大きさ、形のテレビ台が合うのか今回はそのような問題を考えてみたいと思います。

コーナーに置く

 

テレビの置く場所は家具を配置するときと同じくらい大切です。
どこに置くかでテレビを見ているときの寛ぎ感が変わります。
最近ではテレビのアンテナコードも長い物があり一定の場所に限らず置く事ができるので便利ですね。
ではどんな場所に置くのが良いのか見てみましょう。

コーナーラックを使う

コーナーに置いた場合はどのような状態になるか見てみましょう。

コーナーにテレビを置く場合はコーナーラックがおすすめです。
コーナーラックを使うことで隙間なく置く事ができるのでしっかり配置できます。
コーナーに置くときにコーナーラックではないテレビ台を使うと背面が余り埃が溜まる原因となります。
そうなると掃除が大変ですよね。

他の家具の位置

画像のようにテレビと並行してテーブルを置くとなると斜め配置になります。
テーブルが斜め配置になるということは座椅子やソファも斜め配置しなくてはなりません。

このような配置は空間が必要となるので広さがあるお部屋では素敵ですが、広さがないお部屋の場合は他の家具が使いにくくなる可能性もあり、お部屋がさらに狭く感じてしまう可能性もあります。

狭さを感じてしまう場合はコーナーにテレビを置いてもソファやテーブルは斜めに配置しない方がお部屋の印象はスッキリした印象になります。

丸テーブルを使う

丸テーブルを使用することでどこからでも見ることができて便利です。
ソファや椅子はテレビに対して対向してなくとも、テーブルは移動せずに座ることができます。

 

テーブルの横に置く

 

テーブルの横に置いた場合にはどのような状態になるか見てみましょう。

首が疲れる

テーブルの横に置く事で座る位置もテレビと並行しません。
そのため首を横にして見る状態になるので長時間観ていると首が疲れる可能性があります。

コーナーのような斜め置きではなく横となると首も完全に横にしなくてはなりません。
これはちょっと見ずらい位置になりますよね。

画像右のようにソファがあり、ソファに横になって寝た状態で見る場合は顔がテレビと並行になるので長時間見ていても疲れは少ないと思います。
こんなとき長ソファは便利ですね。

テーブルの横に置く場合はあまりテレビを長時間見ない方向きといえます。
ときどきニュースを見たりパソコンを触りながらの「ながら」で見る程度なら疲れないでしょう。

 

テーブルの前に置く

 

テーブルの前に置いた場合にはどのような状態になるか見てみましょう。

自然な姿勢

テーブルの前(ソファの前)に置くことでテレビが正面に来るのでとても見やすい姿勢になります。
テレビを長時間見る方は正面に来る場所に置いた方が、自然な態勢で見ることができます。

首が疲れない

真正面にテレビがあるので首を横向きにすることもないので疲れません。
あとはテレビ台の高さが合っているかどうかです。
テレビの高さが目線よりかなり高くなってしまうと頭を上げて見ることになり首が疲れます。
高さにおいては個人差がありますが、疲れない目線にある高さの物を選ぶ必要があります。

 

コンパクトタイプ

 

テレビを置くテレビ台にもタイプと大きさなど色々あります。
どんなタイプや大きさがあるのか見てみましょう。

コンパクトサイズは小さなテレビにピッタリです。
また一人暮らしやワンルームのような狭いお部屋にもおすすめのサイズです。

コンパクトでもDVDなど小物を収納する引出し付きのテレビ台もあるので収納がほしい場合は引出し付きのコンパクトテレビ台がおすすめです。
またコンパクトサイズでも録画機を置く棚もしっかり備えているテレビ台が多くあります。

デザインはおしゃれな姫系やシンプルなもの、カントリー調やヴィンテージ風など様々です。
コンパクトなため、テレビや録画機以外に小物を飾ったりなど他の物を置くスペースはありません。

 

ワイドタイプ

 

ワイドタイプは大きなテレビ向けになります。
しかしテレビが小さくても空いたスペースにオーナメントを置いたり、本を置いたり、フォトスタンドを置いたりなど、お好きな小物を置いて楽しむこともできます。

ワイドタイプの中には引出しの数が多くあり収納力のあるテレビ台もあります。
DVDのみならず小物の収納に便利です。

またワイドタイプは決して広いお部屋向きとは限りません。
一人暮らしやワンルームなどの狭いお部屋でも幅のあるワイドタイプのテレビ台を置いてテレビ以外に他の電化製品、例えばファックスや電話、またプリンターなどを置くこともできます。

色々な家具を置くよりも、大きめの家具を一台にして、そこにテレビ、プリンター、ファックスなどをひとまとめに置くことで、逆にお部屋を広く使うことができるときもあります。

 

ロータイプ

 

ロータイプはテレビが低い位置に来るのでテレビを観るときにどのような環境にあるかが大切です。
大きなテレビと小さなテレビなどテレビの大きさによっても異なります。

広いお部屋でロータイプを使う場合はテレビも大きなサイズであることが必要です。
狭いお部屋の場合はテレビが大きくても小さくても問題ありません。
どのようなテレビのサイズでも見やすい高さです。

しかし状況によっては異なります。
テレビを観る位置によってはハイタイプのテレビ台がちょうど良い高さになることもあります。
どのような位置でテレビを観るかによってテレビ台の高さを決めましょう。

 

大容量収納タイプ

大容量タイプのテレビ台には引出しがたくさんあります。
まるでチェストのように引出しがあり収納力があるテレビ台です。
衣類やリネン類などの収納をしつつ、テレビ台としても活用できるので大変便利です。

それと同時に模様替えなど移動の際は重たいこともあり一人ではできません。
キャスターが付いている場合は別ですがキャスターがない場合は移動が大変です。
それでも移動したい場合は、引き出しを外すか中身を出すかが必要です。

収納力があるのでワンルームにおすすめのテレビ台です。
衣類を収納するチェストを揃える必要がないからです。
テレビ台を置くだけで衣類やリネン類も収納できるので場所は一カ所で済みます。

 

まとめ

テレビの置く場所とテレビ台の選び方

テレビを置く場所として3つあげてみました。
●コーナーに置く
●テーブルの横に置く
●テーブルの前に置く

コーナー

コーナー置く場合はコーナーラックのテレビ台がおすすめです。
コーナーに隙間ができないからです。
通常のテレビ台を使用するとテレビ台の後ろが空くため埃が溜まり掃除が大変です。

テーブルの横

テーブルの横に置く場合はテレビを観るときに横を向く必要があるので首が疲れます。
長時間テレビを観る習慣がある場合にはおすすめできない位置です。

テーブルの前

テーブルの前はテレビが真正面に来るのでリラックスした状態で観れます。
長時間テレビを観る方にはオススメの位置です。

テレビ台の種類

テレビ台の種類にはコンパクトサイズ、ワイドサイズ、ロータイプ、大容量収納タイプがあります。
どれもワンルームなどの狭いお部屋で使えるおすすめの種類です。
活用したい条件によってサイズを決めましょう。

>>>『姫系 テレビ台』はこちら

 

おしゃれな家具通販店『プリアンティーク』でもテレビ台を取り扱っております。