一人暮らしにテレビ台は必要?それとも必要ない?

こんにちは。
通販ショップ『プリアンティークグループ』店長のアマミです。

一人暮らしの部屋にテレビ台って必要だろうか?
そんな風にお考えになった一人暮らしの方は多いと思います。

ちなみに私も一人暮らしですがテレビ台は一台しか使ったことがありません。
何故って?

そこで今回は一人暮らしのテレビ台の必要性について考えたいと思います。

このページの目次

テレビが大きい

テレビが大きいとそれなりの台が必要になりますよね。
最近では自宅でシアターのような臨場感溢れるサウンドがある大きなテレビもあります。

直接床に置いても画面が大きいので問題はないかもしれませんがテレビ台に置きたいですよね。
テレビ台に置く方がある程度目線に合わせた高さなので見やすいのも事実です。

椅子に座っても、床に座っても見やすいですよね。
80インチほどになると特にテレビ台があった方が格好も付きます。
しかも録画機などが置けるテレビ台なら活用もしやすいのでテレビ台はおすすめですね。

 

部屋が広い

 

広い部屋にお住まいの一人暮らしの方にもテレビ台はおすすめです。
広い範囲からテレビを観ることになるのである程度の高さのある台に置いた方がテレビは観やすくなります。

テレビのあるお部屋が10畳以上ある場合はテレビもそれなりの大きさが必要になります。
また広いお部屋なのでテレビ台を置いても決して狭くはなりません。

 

テレビを置くにはテレビ台が一番という考え方

 

テレビはテレビ台に置くのが一番いいと考える方もいます。
テレビ台には録画機を置く棚や録画機のコードを通す穴があったり、DVDを収納する棚や引出しがあったりなど使い勝手がいいですよね。

 

テレビが小さい

 

一人暮らしの場合はテレビが小さいということが多くあります。
そのような場合はテレビ台ではなくサイドチェストなどにテレビを置いても十分です。

あとはテレビを置く位置です。
テレビを置く位置がソファの前なのか、ベッドの横なのか、デスクの横なのか、によってテレビを置く台を臨機応変に変えることも必要だと思います。

テレビ台はなくともテレビを置ける棚があれば十分にテレビが見やすくなります。

 

部屋が狭い

 

一人暮らしの場合は部屋が狭いことが多くあります。
そのような場合は何にテレビを置くかがポイントになります。

テレビ台に置いても部屋が狭くならないならテレビ台に置くのも良いでしょう。
ただしテレビ台を用意することで部屋が狭くなってしまうようなら代わりのものを使いましょう。

カラーボックス、チェストなどでもテレビが小さい場合はテレビ台の役目になります。
また衣類を収納しているローチェストの場合はテレビ台としてピッタリの高さです。
ただし録画機がある場合は録画機が置けるスペースが必要です。

お部屋が狭いのでテレビ台として使えるチェストやカラーボックスなどの家具を使ってできるだけ家具を置かないようにすることが得策です。

 

テレビ台は置けるなら何でも良いという考え方

 

テレビはテレビ台に置くべきだ、という考え方の方と、置けるなら何でも良いという考え方も方がいます。
何でも良いという場合にはチェストやカラーボックス以外に、デスクに置く方もいます。
一人暮らしの方は言葉の通り一人で暮らしているので臨機応変に適応できると思います。

 

まとめ

一人暮らしにテレビ台は必要?それとも必要ない?

テレビが大きい場合はテレビ台がある方が見た目も良く格好もつきます。
特に部屋が広い場合はテレビ台を置いても邪魔にならないのでテレビ台を置くことをおすすめします。

テレビが小さく部屋も狭い場合は無理してテレビ台を置く必要はありません。
テレビが置けるチェスト、本棚などで代用すると部屋が狭くなりません。

 

テレビ台はこちら